極秘の地下基地 疑心暗鬼が蔓延した冷戦時代の建造物謎に満ちた世界の秘密都市

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

ドローンが撮影したクロアチア・ジェリャヴァの飛行場と地下軍事基地。現在は閉鎖されている(Anze Furlan)

秘境の宗教都市、旧ソ連の軍事都市、米軍の秘密基地、巨大な核シェルター、極北の地下倉庫……。書籍『ビジュアルストーリー 世界の秘密都市』(日経ナショナル ジオグラフィック刊)から、地図には載らない世界の秘密都市を写真とともに紹介しよう。今回は、地図に載らない地下基地だ。

◇      ◇      ◇

近代戦では、「隠す」と「見つけだす」という技術が重要な要素になっているが、地下シェルターを必要としているのは人間ばかりでない。応戦するためには、兵器も安全な所へ隠しておかなければならないのだ。

ジェリャヴァ地下空軍基地

チトー元帥はもうこの世にはいないが、彼の政治に対する志は旧ユーゴスラビア諸国に点在する巨大で前衛的なモニュメントに見て取れる。それらは、第2次世界大戦時、ナチスのバルカン半島侵攻・制圧によって出た多数の犠牲者と反ナチのパルチザンを追悼して建てられたものだ。

そしてさらに注目すべきは、数多く残る秘密の軍事施設だ。例えば、現在のコソボのプリシュティナ国際空港近くにあるスラティナ地下空軍基地や、ボスニア・ヘルツェゴヴィナのビハチ近くにあるジェリャヴァ地下空軍基地などである。

中でも最大のジェリャヴァの地下空軍基地「Objekat505」は、今でこそ崩れかけてはいるが、当時は軍事基地ネットワークの中心であり、社会主義共和国の長距離・早期警戒レーダーシステムの中枢としての役割を果たしていた。

ジェリャヴァの空軍基地はソ連の戦闘機「ミグ21」を運用する2つの飛行隊の本拠地であり、4つの入り口はすべて山腹に隠されている。戦闘機はいつでも迅速に発進することができ、帰還してしまえば人目に触れることはない。1957年から完成までに8年かかり、20キロトンの核爆弾の直撃を受けても耐えられるほど頑丈につくられていた。収容人数は1000人までで、密閉された状態で30日間暮らせるだけの食料も備蓄してあった。

1990年代にボスニア紛争が勃発し、セルビア人勢力が基地から撤退する際に一部が破壊された。現在は人けもなく荒れ放題である。周囲には、紛争の間に埋められたたくさんの地雷がそのままになっている。

注目記事
次のページ
アルプス山脈のトンネル滑走路