さらに掘り下げたいballとその関連表現

A: How was Alice's birthday party? アリスの誕生パーティーどうだった?

 B: We had a ball at the party. パーティーはとても楽しかったわ。

*ball には「楽しいひととき」という意味があり、have a ballで「おおいに楽しむ」という意味になります。

A: I wonder what will happen to our company. うちの会社どうなっちゃうんだろね。

 B: I don't have a crystal ball. Nobody knows for sure... わからないよ、誰にもね。

*crystal ball とは占師が持っている大きな水晶の玉をさし、「私は占師にみたいな水晶玉を持ってない」から「先のことはわからない」という意味になります。

A: It looks like Michael was finally promoted. とうとうマイケル昇進したわね。

 B: Yeah, the ball is in his court now. そうね、彼の出番ね。

*「ボールは~のコートに」という意味で、テニスの試合に由来しています。決定権などがすべてそちら側にある、というニュアンスになります。

A: Are we all finished preparing for the party? パーティーの準備は終わりましたか?

 B: Yeah! Let's get the ball rolling. ええ、 さあ始めましょう。

*ボールを転がし始めることから、物事を「スタートする」という意味です。新しいプロジェクトや事業をスタートさせるときに使います。

A: It looks like the company acquisition talks stopped. うちの会社の買収話なくなったみたいね。

 B: Yeah, it's going to be a different ball game altogether. ええ、状況は全く変わるでしょうね。

*ここでのball game とは「野球の試合」を指し、different ball game altogetherで「完全な状況」「新たな局面」のようなニュアンスで使われます。

A: Do you think everyone understood what Mike was talking about? マイクがした話、みんなは理解できたかしら?

 B: Yes, I think he was on the ball during the presentation. ええ、彼のプレゼンではうまくいったと思うわ。

*on the ball で「調子がいい」「(準備などが)素早い」という意味になります。

:D セイン

デイビッド・セインの「ビジネス英語・今日の一場面」は木曜更新です。次回は1月21日の予定です。

デイビッド・セイン David Thayne
米国出身、三十数年前に来日。翻訳、通訳、執筆、英語学校経営など活動は多岐にわたる。企業や学校の人気セミナー講師。英語関連の出版物の企画・編集を手掛けるAtoZ English(http://www.atozenglish.jp)・AtoZ English 英語学校代表。

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


英語で実務をこなせるようになる実践講座/日経ビジネススクール

確実にマスターできる「英語の学び方」からビジネス英会話、英文メールの表現力を高める講座まで!

>> 講座一覧はこちら