ボールを運べって? 直訳では誤解するcarry the ballデイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(82)ball

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は、スポーツなどで使うballを使った、フレーズを紹介したいと思います。

◇  ◇  ◇

NY支店に異動してきて、オフィスにも仕事にもだいぶ慣れてきたユウカ。先輩のジェシカから声がかかり、次のプロジェクトの立ち上げチームに入れてもらえることに。喜んだユウカに対してジェシカの放った一言で会話は思わぬ方向に……。

それはこんな会話でした。

Jessica: I'd like to have you on the team for our next project.
Yuka: Really? I'd be glad to help.
Jessica: I think you'll do a wonderful job.
Yuka: Thank you for choosing me.
Jessica: We expect great things from you. We'll need you to carry the ball.
Yuka: Oh, okay. Um...where is the ball?
Jessica: There isn't a ball here.
Yuka: Then what should I carry?
Jessica: I mean you'll have a lot of responsibility as far as the project goes.
Yuka: Of course. I understand.
Jessica: We're counting on you, so don't hesitate to ask for help if you need it.

日本語に置き換えると次のようになります。

ジェシカ:次回のプロジェクト立ち上げチームに入ってもらいたいの。
ユウカ:ええ、本当? 喜んで。
ジェシカ:あなたなら適任だと思って。
ユウカ:選んでくれてありがとございます!
ジェシカ:ええ、期待してるわ。あなたに任せたいのよ。
ユウカ:あぁ、わかりました。ではボールはどこに?
ジェシカ:ここにボールはないわ。
ユウカ:何を運べばいいのでしょうか?
ジェシカ:このプロジェクトに責任を持ってね、ということ。
ユウカ:ええ、もちろんそうします。
ジェシカ:お願いね、みんなでサポートするから。

上記の会話では、ユウカのNY支社での先輩であるジェシカが、新たなプロジェクトチームにユウカを誘ったところです。がぜんやる気のユウカに、ジェシカがひと言声をかけたところ、ユウカはボールを探し始めました。ジェシカのballを使った表現を誤解してしまったようです。