日経doors

2年を費やし、カウンセリングのロジックを構築

AI美容部員を体験し、興奮冷めやらないNは、続いて開発者の松本さんにインタビューを行いました。松本さんが、このサービスを立ち上げた背景には、かつて化粧品会社を経営していたときに寄せられた、あるユーザーの声があったといいます。

「化粧品メーカーやブランドの多くは、スキンケアのライン使いを推奨していますが、実際にユーザーの話を聞くと、ブランドをまたいで使っている人が多かった。洗顔は○○、美容液は○○というふうに、自分がいいと思うものを組み合わせていたんです。でも、ユーザーの視点に立って考えたとき、スキンケアの種類が多すぎて、自分だけでは選べないのではないかと思いました。

そこで、国内にあるすべてのスキンケアコスメの中から、自分の肌に合うものだけをチョイスできるサービスがあったら、化粧品で失敗することがなくなるのではないか? と思ったんです」

AI美容部員を実現するため、会社を売却した松本さんは、早速リサーチを開始。国内で販売されているすべての化粧品のデータベースを作成しながら、現役の皮膚科医や美容部員、エステティシャン20人以上とミーティングを重ね、カウンセリングのロジックを構築していったそうです。

「美容カウンセリングの理論を築くのが一番大変でした。年齢と肌質だけで数十種のパターンがあり、お手入れ方法に至っては1万以上。人によって、肌悩みもベストなお手入れ方法も異なるので、パーソナルな悩みに対応するには、できるだけ多くの情報が必要でした。これらをまとめて、データ化するのに、約2年を費やしました」

開発者の松本剛徹さん。「ユーザーがブランドの垣根を越えて、スキンケアを選べるツールを実現させたかった。開発は大変でしたけど、今までにないものを世の中に提案できるワクワク感がありました」

「メインとなる技術は、AIのビッグデータ分析と自然言語処理。カウンセリングのパターンと化粧品の膨大なデータをプログラムし、チャットボットを組み合わせたものでカウンセリングを行います。リコメンドに出てくる商品の口コミは、AIがネット上に出ているすべての口コミを収集してまとめたもの。常に更新されるので、最新の口コミやレビューを参考にすることができます。サービスとしてフェアでありたいので、ネガティブな口コミも排除していません」

目指すのは、美容の『ドラえもん』

2020年10月末には、AI美容部員による男性向けのカウンセリングサービスも開始した。「スキンケアの情報を得る機会が少なく、女性客が多いコスメカウンターに行きにくい男性も、気軽に利用してほしい」と松本さんは言います。

今後は大手化粧品メーカーと技術分野で提携する計画もあるそう。残念ながら、メイクに関するサービスはリリース予定がないそうですが、スキンケアに関しては、新商品とのマッチングやユーザーから商品を指定して相性を診断できるようにするなど、バージョンアップをかけていくそうです。

「ゆくゆくはボディーケアやサプリメントなどのインナーケアの提案もできるようにしていきたいと考えています。ショップに行かずとも、カウンセリングを受けられて、自分に合うスキンケアを選べるようになることは、ニューノーマルの時代にもマッチすると思います」

季節の変わり目を迎え、スキンケア迷子になりがちな人は、1度、AI美容部員のエリカに相談してみるのもいいかもしれません。

「AI美容部員が目指すのは、美容の『ドラえもん』。スキンケア選びに迷ったら、まず、AI美容部員のエリカに相談してみてください」

(取材・文 高橋奈巳=日経doors編集部、写真 吉澤咲子)

[日経doors 2020年10月16日付の掲載記事を基に再構成]

私だけの扉を見つける!20~30代の独身ワーキングウーマン向けWebメディア

『日経doors』(日経BP)は、仕事、学び、遊びすべてに前向きな20~30代の独身ワーキングウーマン向けに、賢い選択のヒントが見つかる情報をお届けします。無料登録で会員限定記事をお読みいただけるほか、日経doorsメールをお届け。有料登録していただくと特集や連載をすべてお読みいただけます。さらにオンライン会議室やイベントご招待など、様々な特典を受けられます。