自分に合うスキンケアを提案 AI美容部員「エリカ」

日経doors

AI美容部員が自分に合うスキンケア化粧品を提案(写真はイメージ=PIXTA)
AI美容部員が自分に合うスキンケア化粧品を提案(写真はイメージ=PIXTA)
日経doors

昨今、スキンケアやメイク、ヘアケア、ヘルスなど、美容に関わる分野のテクノロジーが進化しています。そこでIT(情報技術)×美容をテーマに、私たちの生活をより便利にするアプリやシステムなど、最新のビューティーテック情報をお届けします。今回は、約12万点のスキンケアコスメの中から自分の肌に合うものを人工知能(AI)がピックアップしてくれるアプリ、「AI美容部員」にフォーカスします。

顔写真の撮影不要でスキンケア相談ができる

「自分の肌に合うスキンケア化粧品が欲しいけど、どれがいいのか分からない」「ブランドがありすぎて選べない」「カウンターで美容部員に相談したいけど緊張する……」、そんな悩みを抱えていることはありませんか?

それもそのはず。現在、日本国内には、約12万点を超えるスキンケアコスメが存在しており、店頭販売されているものからECサイト専用品まで、多種多様。これだけの数の中から、自分の肌に合う化粧品を探すのは、容易なことではありません。

そんな悩みを解消すべく誕生したのが、スキンケアAIパーソナライズサービスの「AI美容部員」(2020年10月1日よりサービス開始、対応OSはiOS13.5以上)です。AI美容部員は、アプリを通じて、スキンケアのカウンセリングが無料で受けられるサービス。チャット形式で質問に答えていくだけで、約12万点の化粧品の中から、自分の肌に合うアイテムだけをピックアップしてくれます。顔写真の撮影やアカウント情報の登録は不要なので、手間がかかりません。

とはいえ、スキンケアコスメは、肌に直接使うもの。AIの診断に任せていいのか、ちょっと心配になりますよね。そこで、コスメコンシェルジュの資格を持つ日経doors編集部のNが開発者のエーアイエージェント代表、松本剛徹さんを直撃! AI美容部員アプリの使い方や開発の背景など、その実力に迫ります。

リコメンドされた化粧品との相性が数値で分かる

松本さん指導のもと、早速AI美容部員のアプリをダウンロードしたN。スタートボタンを押してすぐ、AI美容部員「エリカ」とのチャットが始まりました。質問に答える形で、ニックネームや性別、生年月日、自分の肌質を入力。その後、いよいよ具体的なカウンセリングに入っていきます。

カウンセリングは、肌の悩み、またはアイテムのジャンル、どちらかの観点から受けることができます。今回Nは、肌悩みをベースに相談することにしました。

一番の悩みとして「毛穴の開き」を選択すると、続けて、今の毛穴の状態や悩んでいる期間など、どんどん突っ込んだ質問が飛んできます。答えは、画面の下方に出てくる候補の中から、しっくりくるものを選ぶだけ。手入力しなくていいので、サクサク進みます。

質問の内容も答えの候補も、皮膚理論やコスメの知識に基づいたハイレベルなもの。コスメコンシェルジュのNも「そうそう、その通り」と納得

一通り質問に答えると、エリカが肌悩みの原因と対処法、お勧めのスキンケアアイテムを予算別に教えてくれます。同時に、提案されたアイテムの詳細情報と購入サイトのリンクがチャット内に出現。商品の詳細ページでは、肌との相性が%で示される他、SNSやレビューの口コミもまとめて見ることができます。スキンケアを買うとき、口コミを参考にしている人は探す手間が省けますね。

以降、アイテムのジャンルを変えたり、悩みを変えたりして合計3つのアイテムをお勧めしてもらいました。そこでNが驚いたのは、提案された3つのアイテムのうち、すでに2つは実際に使用しているものだったこと。しかも、ECサイト専売品で、大手メーカーのものではないため「約12万点の化粧品を網羅しているというのは本当だ!」と、その実力にうなり声を上げました。

提案されたコスメは「お気に入り」保存が可能。他のアイテムと比較したり、口コミを見たりして検討できる。カウンセリング内容が記録されるマイページ機能もあり

さらに、AI美容部員には、リコメンドされた化粧品を実際に購入して使用し、万が一、肌に合わなかった場合は、購入代金を全額返金する保証制度があります(対象商品のみ)。これなら、気軽にポチッても安心できますね。

注目記事
次のページ
2年を費やし、カウンセリングのロジックを構築