二階堂ふみさん 紅白で発揮、分をわきまえた自己表現

2021年を迎えました。昨年は思いがけない社会環境の変化に戸惑うことも多々ありましたが、そうしたなかでも、明るい出来事や新たな日常に向けた前向きな兆しを感じる話題もあったように感じます。

(イラスト:川崎タカオ)

そのうちの一つが、大みそかに放送された「第71回NHK紅白歌合戦」です。今回の紅白の平均世帯視聴率は、午後9時から同11時45分の第2部で40.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。前年と比べ+3.0ポイントとなり、2年ぶりに40%台を回復しました。新型コロナウイルス禍で在宅率が高かったことも影響しているとはいえ、視聴者からは番組について「今回は安定感のある内容で見応えがあった」「司会者3人のバランスがとても良かった」「歌の素晴らしさを存分に楽しめた」と、高評価の声が数多くあがっています。

的確な仕切りに称賛の声

なかでも、番組スタートからツイッターをはじめネットで称賛の声が続々とあがっていたのが、紅組司会を務めた女優の二階堂ふみさんの良質な声と滑舌の良さなど、安定感あふれるMCとしての力についてです。

さらに、視聴者が二階堂さんに好感を抱いたことがわかるのが、衣装に関するコメントでした。

「紅組の歴代司会者って着物とかドレスが多かったけど、二階堂ふみさんは赤のパンツスーツから黒のパンツスーツへ。かっこよすぎ」「歌手よりも目立とうとしない衣装が上品ですてき」など、二階堂さんの「紅白の主役は歌手の皆さんの歌声である」という分をわきまえた上で自身の役柄に徹する心得と姿勢、さらに華やかな衣装に身を包まなくとも美しさと上品さを自己表現できている姿は、多くの視聴者を魅了しました。

この二階堂さんの「分をわきまえつつ役に徹し、しっかり自己表現する」というパフォーマンスを総括していたのが、「これが令和の時代の紅白なんだな」という視聴者からのコメントです。

確かにこれまで紅組の司会を務めてきた女優さんたちは華やかで美しく、私たちの目を楽しませてくれました。司会進行に少々たどたどしさがあったとしても、それはご愛嬌(あいきょう)とされ、周囲の男性司会者たちにフォローされながら華としての役割をしっかり果たしていたように思います。平成という時代は「守ってあげたい、応援したいアイドル」が台頭したこともあり、むしろ、少し不完全なくらいの表現者を世の中が求めていたのかもしれません。

その流れからすると、男性司会者2人と同じパンツスーツの装いでシャキっと並んでいる二階堂さんの姿は、明らかにこれまでの紅白とは違っていました。しかも、明瞭な発声と的確な言葉でハキハキと仕切る様子は、「紅白のMVPは二階堂ふみちゃん」という声まであがっていたほどです。

注目記事
次のページ
的確な自己表現で能力をアピール