テレビにサウンドバー 家でコンサートホール気分に

ケーブルでつないでテレビの前面に置くだけで、テレビ番組はもちろんネット動画配信サービスの感動が倍増する
日経トレンディ

「画質はめちゃめちゃ良いんだが、音が貧弱でちょっと不満」――。せっかく大型テレビを買っても、多くの製品はきょう体が薄くスピーカーユニットが小さい。サウンドに満足していないのなら、サウンドバーを追加して悩みを解決すべきだ。筒型の前面や左右の各所に大小様々なスピーカーユニットが取り付けてある製品で、筒内の空間を生かした迫力満点の音が楽しめる。

ケーブルでつないでテレビの前面に置くだけで、テレビ番組はもちろんネット動画配信サービスの感動が“倍増し”になる。巣ごもり時間が増える今の時代だからこそ費用対効果が高くなる。

サウンドバーを買うなら、ぜひ音楽配信サービスに対応したWi-Fi対応の製品を選びたい。SpotifyやApple Musicへ単独で接続して再生できるので、テレビを見ている間も、テレビを見ていない時も活躍してくれる。

もっと言えば、「マルチルーム再生」ができる製品を選ぶべきだ。同じシリーズのスピーカーを他の部屋にも置くと、家中で一斉に楽曲を流すといった芸当もでき、活用の幅がグンと広がる。

マルチルーム対応のWi-Fiサウンドバーの中で現状、スピーカーの種類の多彩さとカスタマイズの柔軟さで定評があるのが米Sonosだ。AV評論家の折原一也氏によると、「日本での知名度は低いが、部屋数が多くマルチルームの需要が以前から高い米国では、良質なWi-Fiスピーカーを作るメーカーとして、ここ10年ほどで急成長。最近はすっかりメジャーになった」という。

Sonosのサウンドバーのいわば入門機が、「Beam」(実勢価格税込み4万6800円)である。横幅651ミリメートルと約43~49インチクラスのテレビにフィットするサイズなので、日本の家庭でも導入しやすい。重さも2.8キログラムと比較的軽い。Beamにサブウーファーがセットになった製品もある。

「3.1 Entertainment Set with Beam」(Sonos Japan)
横幅が短く43~49インチ程度の薄型テレビに向くサウンドバー「Beam」と、サブウーファー「Sub Gen3」のセット商品である。なおサウンドバーには上位版「Arc」(実勢価格税込み10万8800円)もある。●大きさ/68.5×651×100ミリ●重さ/2.8キロ●無線LAN/IEEE802.11b,g,n(2.4GHz)
次のページ
複数台のスピーカーをスマホで操作
MONO TRENDY連載記事一覧