藤士:NISAは「少額投資非課税制度」の略称で、投資で得た利益に対する税金が一定の投資額に限って非課税になる制度です。つまり、売却益や株式の配当金、投信の分配金といったものを得ても、税金がかからないということですね。

磨音:そもそも投資で得た利益に税金がかかることも知りませんでした……。普通はどれくらいかかるんですか?

藤士:利益にかかる税率は復興特別所得税込みで20.315%です。ちなみに、NISAには、「一般NISA」と「つみたてNISA」があって、表のように、投資できる額や期間、さらには投資できる対象まで異なります。1人1口座のみのため、どちらか一方を選んで口座開設することになります。

磨音:えっ、どちらか選ばなきゃいけないんですか? どっちがいいんでしょう?

藤士:どちらが合うかは、人それぞれです。磨音さんは投資の目的って決まりましたか?

磨音:はい。まずはマンションの頭金のために投資したいです。マンションは結婚してもしなくてもいずれは欲しいと思っていて。インテリアが大好きで、こだわりたいんです。

藤士:3年や5年後といった近い将来ではなく、もっと先のイメージで、これからお金をコツコツ準備していきたいということですか?

磨音:そうです! 今ある預金は何かあったときのために取っておきたいので。あ、もしかしてコツコツ積み立てるから、私には「つみたてNISA」が合ってますかね?

藤士:そうですね。個別株式銘柄を中心に投資したいということでなければ、磨音さんの場合には「つみたてNISA」のほうが今のところは良さそうですね。

磨音:つみたてNISAの投資枠は年40万円と先ほどの表にありましたが、毎月だと割り切れないですね、ひと月あたり3万3000円くらいでしょうか?

藤士:おっしゃるとおりです。ちなみに、マンション以外にもお金の準備は必要ですが、積立額はどうですか?

磨音:ちょうどこの年始に、結婚資金や老後資金と合わせて賞与のほか毎月5万円は積み立てようと考えていたところです。すべて投資にまわすのではなく、いつでも引き出せる貯蓄も持っていたいと思っています。

藤士:しっかりと金額まで考えられていて、これまでのレッスンの成果がでていますね!

注目記事