powered by 大人のレストランガイド
店頭はガラスで、中が素通し。元はすし店だった

ちょっとしたつまみを楽しんだあとは、ミシュランシェフの実力が出るメイン系の料理を頼みたい。一押しは、「牛ほろほろ肉」(780円)。牛ほほ肉の塊をフォン・ド・ヴォーとブランデーで煮込んで軟らかくした上、煮汁は煮詰めてソースにする。2つ付いていて、1つは5センチくらいの小ぶりなのだが、少し濃いめの味付けが酒に良く合う。ご飯に乗せて丼にしてもいいくらいだ。要望すれば、人数分にもしてくれる。

もうひとつ選ぶなら「フレンチチキン南蛮」(480円)だ。宮崎の郷土料理「チキン南蛮」が発想のベースだが、肉は単なるから揚げではなく、大ぶりの鶏を丸ごと揚げている。通常のから揚げは、小麦粉とカラッとした食感を作ることができる片栗粉を混ぜることが多いのだが、この店では、少しふわっとした、天ぷらに似た味わいで作っている。

「牛ほろほろ肉」(780円)

ポイントは、タルタルソースだ。居酒屋や酒場では、チキン南蛮は定番になりつつあるが、ソースの濃厚さ、複雑さは、比較にならない。これが480円って、本当に驚く。

当然、こうした料理に合わせた酒もレベルが高い。

面白いのが、店オリジナルの「烏森ハイボール」(580円)。麦焼酎をシェリー樽で熟成した酒で、酒場より少し高いが、甘い香りは、通常のハイボールとは違った体験ができる。「大人のすっきりファンタぶどう」(480円)は女性向けのドリンク。赤ワインを炭酸で割った。口当たりの良さが特徴だ。

「フレンチチキン南蛮」(480円)

店内に漂う上質な雰囲気、センスがよくおいしくて手ごろな価格の料理。これで流行らないわけがない。実際、予約をしないと、フリーでは入りづらい。3回ほど訪店しているが、毎回店の前で待っている客がいた。ただ、立ち飲みスペースは回転が早く、時に席が空くので、事前に店に電話をしておくと良いだろう。

実は、この店、外食業界では珍しい試みをしている。

「牛ほろほろ肉」は、会員制レストラン「TREIS(トレイス)」の河島英明シェフのレシピを受け継ぎ、作ったものだし、「フレンチチキン南蛮」は、人気フレンチレストラン「CRAFTALE」の大土橋真也氏が監修したものだ。「スタンドバイミー」は、単なるカッコ良い立ち飲み店ではないのはこうした理由からだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド