片岡愛之助 視聴率が出るまで怖かった『半沢直樹』

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

2020年7月から9月まで、7年ぶりに第2弾が放送された、TBSの連ドラ『半沢直樹』。この作品に続投し、敵役である元金融庁担当検査官の黒崎駿一を演じたのが片岡愛之助だ。

放送が延期になるなど、新型コロナウイルスの影響はあったが、主人公の半沢(堺雅人)が理不尽な要求や不正を暴いていく痛快な物語は、暗いニュースが続くなかで多くの人の心をつかんだ。平均視聴率は、13年の前作の28.7%に迫る24.8%。最終回視聴率では32.7%を記録し、20年のNo.1ヒットドラマとなった。[※視聴率はビデオリサーチ関東地区調べ。平均視聴率は編集部調べ]“オネエ口調”の敵役を演じて今回もインパクトを残した片岡に、まずは『半沢直樹』の現場を改めて振り返ってもらった。

1972年3月4日、大阪府出身。屋号は松嶋屋。81年に十三代目片岡仁左衛門の部屋子となり、片岡千代丸を名乗り初舞台。92年に六代目として片岡愛之助を襲名。22年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、北条義時(小栗旬)の兄・宗時を演じる(写真:橋本勝美)

「最初に続編のお話をいただいたときは、『おっ、いよいよか!』と、すごくうれしかったですね。その前に参加させていただいた映画『七つの会議』(19年)の監督も、『半沢直樹』と同じジャイさん(福澤克雄監督)だったんです。

正直、あの独特のテンションに戻れるのだろうかという不安はありました。でもドラマ本編の撮影に入る前に、『半沢直樹』のオーディオドラマ収録があったんです。実は結婚していて妻がいる、黒崎の私生活が垣間見られるというもので。それで、まずは黒崎の感覚を思い出そうと、前作のDVDを改めて見返しました。『こんな芝居をしてたのか』とびっくりした部分もありましたけど(笑)。そこで感覚を取り戻してドラマ撮影に入ることができました。

半沢とは対峙する役ですが、最後は味方になって力を貸すんです。人としては半沢を認めている。ジャイさんとは『お久しぶり、ああ、やっと会えたわね』みたいな感じでいきましょうかと相談して決めました。黒崎の初登場シーンは第3話だったんですが、銀行担当から証券担当に異動していて、半沢と再会したときに『証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官の黒崎です』と、ものすごい長い肩書きを名乗るんです。どこで区切るのかを確認したら、『一息で言ってください』と。最初の台本にはなかったのに。

これが通称“ジャイ直し”で、決定稿から撮影の直前までにいろいろな変更が加えられるんです。半沢を『なおき』と呼び捨てにしたのも、部下役の宮野真守さんの股間をつかむ流れになったのも“ジャイ直し”です(笑)。もちろん、脚本家さんの台本もとても面白い。そこにプラス、緊迫感だったり、パワーアップしたものが入ってくるから、より良い作品ができるのだと思います」

1回試したウインクが採用

「ジャイさんは独自の演出をする方で、いろんな角度から何十回も同じシーンを撮る。第6話で、頭取(北大路欣也)をはじめ銀行の面々が大勢いる大階段で半沢を見つけた場面では、1回だけウインクしまして。放送ではその1回が採用されていて。自分ではどれが使われるのかは分からないんですよね。現場でも『ここで怒りましょう』と、どんどん変わっていく。その場で求められたものをいかに返せるかが勝負になるから、役者としては面白いですよ」

主演の堺雅人とは、16年のNHK大河ドラマ『真田丸』でも共演。続投組の香川照之(市川中車)のほか、市川猿之助、尾上松也と、歌舞伎俳優が4人も出演していることも話題になった。

「僕は堺さんとのシーンばかりで、『歌舞伎役者が4人も』と言われるけど、撮影では香川さんと少しご一緒したぐらいで、猿之助さんとも松也さんとも、現場ではお会いしていないんです。一視聴者として『面白いな、もうこれは歌舞伎やな』と思ってました(笑)」

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
歌舞伎再開には自問自答
エンタメ!連載記事一覧