powered by 大人のレストランガイド

ボルドー新時代 違うブドウ品種や斬新な見た目で勝負エンジョイ・ワイン(34)

世界の高級ワイン産地のトップに君臨する仏ボルドー(ボルドーワイン委員会提供)
世界の高級ワイン産地のトップに君臨する仏ボルドー(ボルドーワイン委員会提供)

世界の高級ワイン産地の頂点に君臨する仏ボルドー。樽(たる)を利かせたフルボディーの赤ワインは、愛好家の垂涎(すいぜん)の的だ。しかし、最近は新興産地の台頭や消費者の嗜好の多様化で、その地位は盤石とは言い難い。そうした中で注目を浴びているのが、これまでとは違う品種や手法を使って醸造した変化に富んだ新しいスタイルのボルドーワインだ。

ボルドーの赤ワインは果実味、酸味、タンニン(渋み)がいずれもしっかりと感じられ、かつ、それらのバランスが秀逸なのが特徴といえる。発酵させたワインを「バリック」と呼ぶ小ぶりの新樽で熟成させるため、樽由来の甘みやタンニン、適度な酸化のニュアンスが加わり、複雑な味わいをまとう。長期熟成タイプは10年や20年、時にはそれ以上、寝かせて初めて、味わいのポテンシャルをフルに発揮する。

ボルドーワインは生産量が比較的多いこともあり、世界中に愛好家がいるが、一時期に比べると、人気に陰りも見える。

英語のワイン検索サイト「ワイン・サーチャー」(https://www.wine-searcher.com/)によると、フランスワインの検索件数全体に占めるボルドーワインの割合は、2010年には63.7%と断トツだったが、2019年には40.9%に急落。逆に、ライバルのブルゴーニュワインは14.8%から27%へと大きくシェアを伸ばし、シャンパンも10.5%から12%に増えている。

世界全体の中でも、ボルドーの検索シェアは25.5%から18.6%に下がっている。産地別では依然1位を維持しているが、安穏とはしていられない状況にある。

一部の愛好家がボルドー離れを起こしている理由はいくつかある。まず、ボルドーの主要品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロは、今や多くの国で栽培されている。どの国のワインも品質の向上が目覚ましい半面、値段はボルドーに比べ、手ごろなものが多い。品種でワインを選ぶ人にとっては、ボルドーである必要性が低下している。

カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロのワインが市場にあふれ返っているため、違う品種を楽しみたいというニーズの高まりもある。各国の土着品種から造るワインがひそかなブームなのも、その表れといっていい。

ナチュラルワイン・ブームに象徴されるように、ブドウ本来のジューシーな味わいや飲みやすさをワインに求める愛好家が、世界的に増えている点も見逃せない。複雑な香りや渋みが持ち味で、しばしば「若いうちは硬くて飲みにくい」とも言われるボルドーワインは、流行に合わなくなってきている側面は否めない。

料理の味付けの傾向が、ジャンルを問わず、正統派フレンチ料理のようなこってり系から、あっさり系にシフトし、こってり系と合うボルドーワインには逆風となっている。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド