『僕らのミュージカル・ソング2020 年末スペシャル』で歌う井上芳雄 (C)WOWOW

僕が歌った曲は、『アナと雪の女王2』から『イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに』。未知の世界に行くという歌ですが、まさに20年はそういう1年でした。今の時期にぴったりの曲です。『キンキーブーツ』から『ノット・マイ・ファーザーズ・サン』。『プロデューサーズ』で共演した大野君とは『出来るさ!』をデュエット。初めてお会いした平原さんとは『天使にラブソングを2』から『ジョイフル・ジョイフル』。『RENT』からの『シーズンズ・オブ・ラブ』は中川君、平原さん、加藤君、大野君と一緒に。1年間のいろんな思いが胸をよぎりました。

ニューヨーク在住の演劇ジャーナリスト・影山雄成さんとのリモート対談や、ニューヨーク・ポスト紙にコラムを執筆されている演劇ジャーナリストのマイケル・リーデルさんのインタビュー映像では、ブロードウェイの劇場再開の見通しをうかがいました。5月末までの閉鎖が発表されていますが、ワクチンが十分に行き渡るまで再開できないとなると、再開は21年後半から22年になるという見方もあるようです。再開後はチケット価格を下げるなど劇場の収入システムの見直しが必要だという意見もあり、日本とはまた違う事情に考えさせられることも多かったです。

自分たちができることをしっかりと

MCとしてゲストの話を聞く役割も大きかったのですが、僕にとってはありがたいことでした。普段からいろんな人と会って話を聞きたいけど、今はなかなか集まれないし、食事にも行けません。なので番組を通して、久しぶりに会えるのは願ったりかなったりです。平原さんのように、初めてちゃんとお話できたのもうれしいし、『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』でビリー役を演じた4人の子役とも初めて会えました。僕は見に行けなかったのですが、コロナ禍でもレッスンを重ねて、素晴らしいパフォーマンスをお客さまに披露してくれていたのだと思うと、それだけで胸がいっぱいになりました。

みんなと会って感じたのは、やっぱりミュージカル俳優は前向きで、明るい人たちだということ。特にこれから幕が開く作品で、今はけいこ中というカンパニーから来てくれたゲストの方々は、新型コロナの感染状況がどんどん変わっているから、不安だったり、先が見えづらかったりすると思います。そんななかでも、自分たちができることをしっかりやろうという姿勢は、誰もが同じでした。話を聞いたり歌を聴いたりして、僕も励まされたし、願わくばすべてのカンパニーが完走できますように、と祈る気持ちになりました。

『夢をかける』 井上芳雄・著
 ミュージカルを中心に様々な舞台で活躍する一方、歌手やドラマなど多岐にわたるジャンルで活動する井上芳雄のデビュー20周年記念出版。NIKKEI STYLEエンタメ!チャンネルで月2回連載中の「井上芳雄 エンタメ通信」を初めて単行本化。2017年7月から2020年11月まで約3年半のコラムを「ショー・マスト・ゴー・オン」「ミュージカル」「ストレートプレイ」「歌手」「新ジャンル」「レジェンド」というテーマ別に再構成して、書き下ろしを加えました。特に2020年は、コロナ禍で演劇界は大きな打撃を受けました。その逆境のなかでデビュー20周年イヤーを迎えた井上が、何を思い、どんな日々を送り、未来に何を残そうとしているのか。明日への希望や勇気が詰まった1冊です。
(日経BP/2700円・税別)
井上芳雄
 1979年7月6日生まれ。福岡県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。大学在学中の2000年に、ミュージカル『エリザベート』の皇太子ルドルフ役でデビュー。以降、ミュージカル、ストレートプレイの舞台を中心に活躍。CD制作、コンサートなどの音楽活動にも取り組む一方、テレビ、映画など映像にも活動の幅を広げている。著書に『ミュージカル俳優という仕事』(日経BP)、『夢をかける』(日経BP)。

「井上芳雄 エンタメ通信」は毎月第1、第3土曜に掲載。第85回は2021年1月16日(土)の予定です。


エンタメ!連載記事一覧