「劇中衣装は、まず、テレビに出るときと家での洋服を考えて。今回のパーティーは気を許している人たちとの集まりなので、テレビ出演のときよりはカジュアル感を意識しました」

スマホを持って変わったこと

劇中の登場人物と同様、スマホを出し合うことになったら、鈴木さんはどうするのだろう。また、よく使うスマホの機能やアプリは?

「『スマホを出してください』と言われたら? 別に人生に関わるような大変な秘密はないとは思いますが、だからといって『いくらでも見ていいよ』とは思わないですね。それは、私の世界だから。何か困るわけじゃないけど、自分の世界は自分の世界で、ちゃんと持っていたい。それは誰に対してもそうですね。一方で人のスマホを見たいとも思わないですし。

よく使うアプリは、LINEとインスタグラムです。19年にインスタを始めたので、写真を撮ってアップするっていうことを、一生懸命やっています。LINEは、今回の『おとなの事情』のみなさんとグループLINEを作ったり、ドラマ『SUITS/スーツ』のチームでもグループLINEを作ったり。昔よりもお仕事で会う方と連絡が取りやすくなって、気になったことを気軽に相談できるのがうれしいですね」

今、欲しいものは、1万5300円(税別)と安くはないものの、品薄状態が続いている料理道具。

「バーミキュラからフライパンが出たんですよ。目玉焼きだけでも、とっても上手にできるらしい。……え、数カ月待ちなんですか? そうなんだ~。それでも次はフライパンを狙います!」

鈴木保奈美
1966年生まれ、東京都出身。86年にドラマデビュー。91年、主演ドラマ『東京ラブストーリー』が大ヒット。以後『愛という名のもとに』『恋人よ』『ニュースの女』など数々のドラマに出演する。近年の出演ドラマに『わろてんか』『主婦カツ!』『35歳の少女』『SUITS/スーツ』シリーズなどがあり、映画は『のぼうの城』『プラチナデータ』『カノン』など。初の著書でエッセー集『獅子座、A型、丙午。』が発売中

『おとなの事情 スマホをのぞいたら』

(c)2020 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

50代のセレブ夫婦、40代の倦怠(けんたい)期夫婦、30代の新婚カップル、そして1人の独身男。年に一度のパーティーに集まった7人が、「スマホに届いたメールや電話をすべて公開する」というゲームを始めることに。「やましいことは何もない」と言いながらも、秘密を抱えていた者たちは……。監督・光野道夫 脚本・岡田恵和 原作・映画『Perfetti Sconosciuti』 出演・東山紀之、鈴木保奈美 常盤貴子、益岡徹、木南晴夏、淵上泰史、ほか 1月8日全国ロードショー

(文 泊貴洋、写真 藤本和史)