方向性を示す、組織を整える、権限委譲を進める、模範を示す

――ブラジルで多様性に戸惑いませんでしたか。

「全くありませんでした。ブラジル味の素は16年に創業60周年でしたが、60年間ずっと日本人の社長が務めていました。でも、全従業員の前でブラジル味の素の経営方針と『3年後にこう向かうぞ』というビジョンを話したのは、私だけだったと聞いています」

「長い時間をかけてプランを作って、1時間半話しました。会社の向かっていく方向性を示して、権限を委譲して、自分で模範を示す。やはり自分で汗かかないといけません。ほとんど話せなかったポルトガル語でスピーチするので、資料を作って読む練習もしました。そうしないと伝わらないからです」

「ダイバーシティーが定着している職場では価値観も多様なので、従業員全員に納得してもらうのは大変です。でも、最初に納得してくれれば、仕事に専念してもらえます。日本では逆で、最初の目標設定は楽ですが、その後どうするのかが大変です。そんな違いがあるので、一番苦労しているのが日本です。ダイバーシティーな環境じゃないと、むしろうまくいかないと分かりました。今も変革の最中です」

ブラジル味の素社長時代に、ダイバーシティーの重要さに気がついた(真ん中の青いシャツを着ているのが西井氏)

――企業によって求められるリーダー像は変わりますか。

「組織に合ったリーダーシップのあり方というのはあると思います。オーナー企業はオーナー企業のやり方があります。味の素のように長い歴史の途中でリーダーシップをとるのとは、求められるリーダー像は違うでしょう。ただ、方向性を示す、組織を整える、権限委譲を進める、そして模範を示すという4つの原則は不変じゃないかと思っています」

「リーダーシップを磨くために取り組んでいることがあります。ブラジル子会社の社長の2年間と、日本の味の素社長になった後の2年間で、360度評価を取り入れました。全部で80問ほどあって、すべての設問に『自分はこういう風にやっていこうと思っている』というのを4つの原則に従って書きこんでいます。つまり、自分の仕事について方向性を示して、それに対して上司や同僚、部下に評価してもらうのです。シンプルな4つの原則ですが、これを常に意識することでリーダーシップは磨けると信じています」

<<(上)リーダーは意地を通すべき時がある 周囲の信頼が前提

西井孝明
1959年奈良県生まれ。82年同志社大文卒、味の素入社。2004年味の素冷凍食品取締役、09年味の素人事部長などを経て、13年ブラジル味の素社長、15年から現職。

(逸見純也)

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


マネジメント層に必要な4つのスキルを鍛える講座/日経ビジネススクール

会社役員・経営幹部の方を対象とした、企業価値を高める経営の実務に役立つビジネス講座を厳選

>> 講座一覧はこちら