最新スマートスピーカー アップルとアマゾンを写真で比較

2021/1/13
左がアップルの「HomePod mini」。右はアマゾンの「Amazon Echo Dot with clock」。デスクトップに気軽に置けるサイズ

2020年秋に発売したアップルの「HomePod mini」とアマゾンの「Amazon Echo」はどちらも1万円強で買える注目のスマートスピーカーだ。球体のデザインがよく似ているが、機能の違いや、どんなユーザー向きの製品なのか比較した。ここでは両モデルの比較を写真で紹介する。

【記事本編はこちら】スマートスピーカー アップルとアマゾンどちらを選ぶ

机に置いても仕事の邪魔にならないサイズ

アップルが2020年11月16日に発売したHomePod miniは、価格が1万1880円(税込み、以下同)。iPhoneと同じ、アップルのAIアシスタント「Siri」を搭載し、音楽を再生し、天気やニュースを音声操作で聞くことができる。ホワイトとスペースグレイの2色がある
左が「Amazon Echo」。右が一回りコンパクトな「Amazon Echo Dot with clock」。アマゾンのAmazon Echoは1万1980円で20年10月22日発売。AIアシスタントのAlexaが搭載されている。カラーバリエーションにはチャコール、グレーシャーホワイト、トワイライトブルーの3色
並べてサイズを比べてみた。右端が「Amazon Echo」。中央が一回り小さなエントリーモデルの「Amazon Echo Dot with clock」。左端が「HomePod mini」

音楽配信サービスで選ぶならアマゾン

HomePod miniは「Hey Siri」と話しかけると天面にイルミネーションが点灯、音声入力待機モードに
Amazon Echoシリーズはウェイクワードを話しかけると底面に青色のランプが点灯する

スマート家電の音声操作はアマゾンに軍配

アップルのHomePod miniも、アップルのHomeKitに対応するIoT・スマートホーム機器の音声による操作に対応している

仕事の相棒として活躍しそう

コンパクトなHomePod miniは仕事机の手元に置いて使いやすい。筆者もiPhoneとの連携によるハンズフリー通話を利用する機会が増えた

【記事本編はこちら】スマートスピーカー アップルとアマゾンどちらを選ぶ

山本敦
フリーランスライター。オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経て独立。AI・IoTに関わるスマートオーディオ、4KにVODまで幅広いカテゴリーに精通する。堪能な英語と仏語を活かし、国内から海外のイベント取材、開発者へのインタビューを数多くこなす。
MONO TRENDY連載記事一覧