90年代テイスト漂う 大人のワッペン付きアウター4選

LEON

2021/1/10
ポロ ラルフ ローレンのワッペン付きアウター
LEON

手っ取り早く差別化を図りたいなら、デコラティブなアウターで盛るのが正解です。そこで推薦したいのが90年代テイストが漂うワッペン付きのもの。これならトレンド感もあって一石二鳥です。




デコラティブで目を引くアイテム 数年前からランウェイでも

大人の盛りファッションを目指すとき、何もアイテムを足すばかりが正解ではありません。コーデを攻めた印象にしたいなら、やっぱり手っ取り早いのが、自然と視線が集中するアウター自体に個性を求めること。とはいえ、派手柄を安易に取り入れるのでは面白みがありませんよね。それなら、ワッペンでアレンジされたアウターはいかがでしょう。

実は数年前からランウェイでも時々見かけるワッペン付きのアウター。デコラティブで目を引くアイテムだけに、一発でちょい盛りスタイルが完成します。見た目には90年代っぽさもあり、トレンド感も演出できるとあればお得感もひとしお。

ただ難しいのが、ワッペンの数を多いと感じるか少ないと感じるかは、かなり個人差があるというところ。そこで今回は、振り幅広くご用意いたしました。

【ポロ ラルフ ローレン】この佇まい、流石の風格です!

3万8000円/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン)

ワッペンといえば、ココを真っ先にご紹介せねばなりません。ハンティングをモチーフにしたラルフ ローレンらしいシャツアウターで、右胸下のウェビングベルトなど凝ったディテールが魅力。着古したような質感もリアルです。

【ディーゼル ブラック ゴールド】ロックでミリタリーな男前MA-1

10万9000円/ディーゼル ブラック ゴールド(ディーゼル ジャパン)

コードループが付いたハードコアなMA-1に、ミリタリー感をさらに押し出すワッペン使いが魅力の一着。とはいえダークトーンでまとまっていて、ロックなテイストも同居しているのがココらしいところでしょう。ライナーは派手なレッドというのもギャップがあります。

フロントなんて大人しいと言わんばかりに、背面にはさらにワッペンが。よく見ると2色を使い分けているんです。細かな芸がニクいですね。

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram