コロナに社会の分断…写真家が伝えた過酷な2020年

2021/1/3
ナショナルジオグラフィック日本版

2020年5月23日:外出規制の解除後、ミラノに近い聖ビト教会でマスクを着けて挙式するマルタ・コルツァーニとアレッシオ・カバラロ。披露宴では家族だけが祝福のハグをした(PHOTOGRAPH BY DAVIDE BERTUCCIO)

新型ウイルスの猛威、都市封鎖下での暮らし、抗議運動の広がり――2020年の写真には、混乱の時代に生きる人々の姿がある。ナショナル ジオグラフィック1月号では、活動が制限されながらも、忘れられない1年となった20年を記録した写真家たちと、その作品を紹介している。

◇      ◇      ◇

晴れやかな光景だ。そして、ただ1点を除けば、見慣れた光景でもある。

ウエディング衣装をまとった若いカップルが教会で婚姻の手続きを終えようとしている。台帳に署名する花婿にそっと寄り添う花嫁。身内のおじさんのように温かくそれを見守る司祭。台の上に置かれた金属製の十字架と壁の木製の十字架が、この場を神聖なものにしている。だが、目を引くのは別の何かだ。花婿と花嫁は衣装に合わせた布製のマスクをし、司祭もマスクをしたうえで、透明なフェースシールド付きのバイザーを着けている。

イタリア北部ロンバルディア州のバルザノという町で、写真家のダビデ・ベルトゥッチョ氏が撮影したこの写真。少し前なら、誰もが首をかしげたことだろう。だが今ではひと目でわかる。これは「新しい生活様式」の一例だ。コロナ禍のさなかでの結婚式。この場面が物語るように、新型コロナウイルスが猛威を振るうなかで、人々は何とか日常を取り戻そうと、妥協や工夫を重ねてきた。

呼吸器疾患を引き起こす感染性の高い新型ウイルスが世界中に広がり、国境が閉鎖され、経済が縮小し、人々の生活が一変した20年。その混乱ぶりは1枚の写真にはとても収まりきらない。それでも、感染拡大で大きな打撃を受けた地域で、公衆衛生上の新たなルールを守って挙式したこの新婚カップルの写真は、異常な時代に平常な生活を取り戻そうとする人々の必死の思いを伝えている。

振り返れば過酷な1年だった。歴史の一幕が終わりを迎えつつあるようにも感じられた。死、生存者への長引く影響、病院と医療従事者にかかる重圧。こうした人的な犠牲に加え、経済的打撃も深刻さを極めた。豊かな国でも失業者が増え、比較的貧しい国々では元からあった困窮がさらに悪化した。

米国では、連邦政府のお粗末な対応も手伝い、感染が爆発的に広がった。社会を分断する深い亀裂、深刻な経済格差、政治的な対立の激化がそれに拍車をかけた。世界のリーダーたる超大国が同盟関係や国際社会における責務に背を向け始めると、「米国の世紀」の終わりが近いことを予感させた。そんな状況下で、またもや痛ましい事件が繰り返された。黒人男性のジョージ・フロイドが警察官に殺されたのだ。この事件をきっかけに人々の怒りは沸点に達した。「ブラック・ライブズ・マター(BLM=黒人の命は大切だ)」の叫びが人々を突き動かし、この夏、抗議のうねりが全米に広がった。

ナショジオメルマガ