コロナで人生が激変 幸せな生き方のニューノーマル

「コロナ移住」に関心を持つ人が増えている(写真はイメージ=PIXTA)
「コロナ移住」に関心を持つ人が増えている(写真はイメージ=PIXTA)

新型コロナウイルスの拡大が、生活や仕事、文化などに影響を及ぼしています。しかし、こうした状況においても、人生を変えて「幸福度」が増している人たちがいます。その共通点は、「コロナを前向き」に捉え、「何が大切か」を見直したこと。「幸福度」をアップさせるヒントをお届けします。

「コロナ移住」に関心を持つ人が急増中

在宅勤務の普及で働き方や暮らし方は一変し、新たな可能性が広がっている。その最たる例が感染リスクが低く、自然が豊かで家賃も安いと注目の「地方移住」。移住したい人と受け入れる地域をマッチングするサイト「SMOUT」の2020年4月の新規登録者は約600人だったが、7月には約1800人に急増。20~30代が7割を占め、女性は4割。在宅勤務の後押しで40代のファミリーが増えたと同サイトを運営するカヤックの中島みきさんは話す。

「会社の休業を機に、地方の地域おこし協力隊に転職して移住した人や、就職活動がストップして『就職=都心』の固定観念が薄れ、鳥取の島留学職員に応募した女性もいます」

お試し移住や情報交換ができるオンラインコミュニティーなど、移住の失敗を防ぐ機会を提供する地域も増加。「地域や家よりも、『どんな暮らしをしたいか』を重視して選ぶことが大切。好きな暮らし方を選択しやすい時代になると思います」と中島さんは話す。

価値観が変わった読者は6割

日経WOMAN公式サイトで2020年8月に実施したアンケート(有効回答数455)で、働き方や暮らし方の価値観が変わった人は、約6割。在宅勤務が中心になった、飲み会や旅行などの生活スタイルや趣味に制限が生まれたなど、環境が変化した人にほどこうした傾向が見られる。

ライフスタイルや働き方以外に、時間の使い方や働く場所、幸せの価値観が変わった人も。価値観の変化で行動に移した人の上位の項目は、学びや副業、転職活動、ボランティアなど。

日経WOMAN公式サイトで2020年8月に実施したアンケート(有効回答数455)より
読者が経験した生き方の変化

【学び】
日本の将来に不安を感じ、英語を身に付けておいて損はないと思ったので、在宅勤務が始まってから英語を学習するように。英会話教室にも通いだした。(34歳・エネルギー・事務)

コロナが落ち着いても、在宅勤務から通勤生活に戻るのはできるだけ避けたいと、転職も見越して、在宅でも仕事を請け負えるデジタル系のスキルを勉強し始めた。(40歳・交通・営業事務)


【転職】
趣味を大切にするなら都心に転職をしたほうがいいと感じ、転職活動をスタート。 仕事終わりのオンライン面接が多く、地方在住でも移動することなく転職活動がしやすくなった。(30歳・シンクタンク/コンサル・インストラクター)

【地方移住・副業】
シングルマザーだが、フルリモートになったので、都心で単身赴任暮らしだった賃貸住宅を引き払い、実家の大分へ。通勤や社交活動の時間が減ったので、海外ベンチャー企業での副業も開始。(30歳・教育・マーケッター)

【離婚】
リモートワークが始まり、家で仕事と育児ができることに。金銭的・体力的不安から解放され、離婚を決意。実家に帰り、離婚調停の申し立てをしつつ、株などを勉強中。(25歳・人材紹介・総務事務)

【社会貢献】
環境問題や貧困問題の記事を目にしてSDGsに関心を持ち、生活スタイルを変えた。乾電池を充電池に、水を買わずマイボトルにしてゴミ削減や節約に。Tポイントを寄付するなど社会貢献も開始。(36歳・住宅用設備施工・事務)
次のページ
【ケース1】コロナで都心に住むメリットがなくなり旅