大学生協の目利きが選ぶ コロナ時代の学生に効く9冊

法政大学生協多摩店の鈴木祥介さん
法政大学生協多摩店の鈴木祥介さん

2020年代を生きるこれからの大学生や高校生が読んでおくべき本を、大学生協書店の目利き3人に選んでもらった。就職活動に役立つといった即効性のある本ではなく、新型コロナウイルスのまん延という歴史的な出来事に見舞われた若い世代が、いまと将来を考えるのに助けになる本だ。

最初は法政大学生協多摩店の鈴木祥介さん。1冊目は佐々木中著「切りとれ、あの祈る手を 〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話」(河出書房新社)だ。佐々木氏は哲学者であり、作家でもある。

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が出され、大学キャンパスにも入場制限がかかる中で、鈴木さん自身、もんもんとした気持ちで過ごしていた。そこであらためて読み返したのが、この本だったという。

本をめぐっては昨今、「出版危機」「もはや本は終わった」など悲観的な言葉が叫ばれる。しかし、佐々木氏は一貫して、文学や芸術は終わっていない、むしろこれからだという力強いメッセージを発し続けてきたという。「切りとれ、あの祈る手を」は、本を読むことや文学について、革命など世界史の中の様々な出来事を通して大きなスケールで語られていく。

鈴木さんは「文学も本も文字も、ずっと生き残ってきた。いまここであきらめて、終わったとか先がないと思う必要はない。ひいては、コロナ禍においていろいろなことを諦めがちになってしまう今の世の中でも、斜に構えるのではなく、冷笑するのではなく、正面から物事をとらえていいのだという勇気をこの本からもらった。まだまだできることはあるのだと背中を押してくれる本」と語る。

2冊目は、エドゥアルド・ガレアーノ著「日々の子どもたち あるいは366篇の世界史」(岩波書店)。こちらも、「切りとれ、あの祈る手を」と同様に、世界史に関連する本。世界史に残るような出来事が日々、語られるが、1日分が1ページにも満たない短さで読みやすい。

著者のエドゥアルド・ガレアーノ氏はウルグアイ生まれのジャーナリスト。内容は、虐殺や飢饉(ききん)、原発事故などネガティブなことばかりが語られている。ところが、筆致はあくまで優しいまなざしにあふれている。鈴木さんは「現実からちょっと離れて、世界中の様々な出来事に思いをはせながら読むことができる。暗い気分になると思いきや、逆に気分が楽になった」と語る。

コロナ禍で、多くの大学はいまだにオンライン授業が主体。2020年入学の1年生の中にはほとんどキャンパスに足を踏み入れたことのない学生もいる。先を見通せない日常に気を取られがちになるが、「過去の歴史に思いをはせることで、広い視野を取り戻せるのではないかと思って」(鈴木さん)選んだという。

3冊目は、清田隆之著「さよなら、俺たち」(スタンド・ブックス)。清田氏は、恋バナ収集ユニット「桃山商事」の代表として、恋愛話を収集してきた。

「さよなら、俺たち」は、清田氏によるジェンダーに関するエッセー集。「いまの日本社会で男性として生きることの問題点を、フェミニズムと接続するような形で語られている。男と男、男と女など、知らないうちにはまっていったジェンダーの枠とはどのようなものなのかを自身の体験も元に展開されていて、説得力がある」(鈴木さん)という。

先の2冊は世界史という大きな視座から、いまを問い直すような内容の本だ。一方、「さよなら、俺たち」は学生にとって、身近な問題を扱っている。大学や高校においても、セクシュアルハラスメントや性的合意についての議論がなされる時代。これからを生きる若い世代にとって、ジェンダーに関する知識は人間関係や社会のありようを考えるうえで、必須の教養ともいえる。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束