21年のデジタル機器を大胆予測 PC画面の縦横比に変化戸田覚の最新デジタル機器レビュー

2021年はディスプレーが大きく進化する。写真は日本HPのHP Spectre x360 14
2021年はディスプレーが大きく進化する。写真は日本HPのHP Spectre x360 14

2021年のデジタル機器の進化や変化を大胆に予測する記事をお届けする。実際には、年が変わっても製品の進化が急に進むことはない。とはいえ、例えばスマートフォンのiPhoneやGalaxy Sシリーズの新モデルが毎年出るように、メーカーのモデルチェンジは年単位になっていることが多い。

今年はパソコンの進化が大きい1年になると予想するので、そこから紹介していこう。

パソコンのディスプレーが大きく進化する

パソコンのディスプレーは液晶を採用するのが普通だったが、18年あたりから、ちらほらと有機ELディスプレーを搭載したモデルが登場している。スマホや大画面テレビで当たり前の有機ELが少しずつ増えているのだ。20年末には、日本HPが実売16万円台(税別)で有機ELを採用したモデル「HP Spectre x360 14」を投入してきた。いよいよ、パソコンにも有機ELの波がやってきそうだ。

さらに新しいディスプレー技術「ミニLED(mini LED)」を搭載したパソコンも徐々に登場するだろう。アップルのタブレット端末「iPad」に搭載されるという話もある。ミニLEDとは、バックライトのLED(発光ダイオード)を小さく区切って色ごとに明るさを制御する技術だ。これまでよりもディスプレーの輝度を高めることが可能で、見た目も非常に派手やかで美しく表示できる。

20年半ば以降、パソコンのディスプレーは縦横比が一気に変わりだした。従来は「16対9」というハイビジョンテレビと同じ縦横比を採用するモデルが中心だった。ところが各社の最新モバイルノートは「16対10」や「3対2」のディスプレーを搭載するモデルが増えている。簡単に言うなら、ディスプレーがより正方形に近くなっているわけだ。これに伴って、ブラウザーで表示できる情報量が増える。メールやビジネスドキュメントなどの表示量が増えるなどいいことずくめだ。

ただし、映画を見ると上下に黒帯が出るなど、ネガティブな面もある。このためパーソナルユース向けのパソコンは引き続き16対9が主流で、ビジネス向けが16対10などになっていくだろう。

次のページ
性能の向上が止まらない
MONO TRENDY連載記事一覧