パンデミックと社会の再構築 日経読書面今週の5冊2020年12月19日付

毎週土曜日付の日本経済新聞の読書面で、評者の署名入り書評を掲載した本を紹介します。書評は日経電子版で読むことができます。

 

◇   ◇   ◇

 

命の経済 ジャック・アタリ著

>>日経電子版で書評を読む 「パンデミックと社会の再構築」

(林昌宏・坪子理美訳、プレジデント社・2700円) ▼著者は43年生まれ。フランスの経済学者・思想家。欧州復興開発銀行の初代総裁。著書に『新世界秩序』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


南極ダイアリー 水口博也著

>>日経電子版で書評を読む 「色鮮やかで躍動に満ちた地」

(講談社・1800円) みなくち・ひろや 53年大阪府生まれ。京大卒。写真家・ジャーナリスト。著書に『マッコウの歌』(日本絵本賞大賞)など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


ノーザン・ライツ ハワード・ノーマン著

>>日経電子版で書評を読む 「青春小説、多文化主義を内包」

原題=THE NORTHERN LIGHTS(川野太郎訳、みすず書房・4000円) ▼著者は49年オハイオ州生まれ。カナダに移住し87年本書で作家デビュー。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


非国民な女たち 飯田未希著

>>日経電子版で書評を読む 「戦争「耐え忍ぶ」イメージ粉砕」

(中央公論新社・1700円) いいだ・みき 立命館大学教授。大阪大、米ニューヨーク州立大で学ぶ。博士(社会学)。専門は他に文化研究、ジェンダー論。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


銀の夜 角田光代著

>>日経電子版で書評を読む 「自力で暗い海渡る女性たち」

(光文社・1600円) かくた・みつよ 67年神奈川県生まれ。『対岸の彼女』で直木賞。著書に『八日目の蝉』『紙の月』『空中庭園』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


ビジネス書などの書評を紹介