今年はどんな年越しそば? 海外と日本巡るSobaの世界

年越しそばや引っ越しそばなどハレの日の食べ物として日本文化に根付いているそば。世界ではどう食べている?=PIXTA
年越しそばや引っ越しそばなどハレの日の食べ物として日本文化に根付いているそば。世界ではどう食べている?=PIXTA

ボンジュール!パリからお届けする「食の豆知識」。今年も残すところあとわずか。年越しに除夜の鐘を聞きながら食べるものといえば……。それが今回のテーマ「そば」だ。そばは、年越しそばや引っ越しそばなど、ハレの日の食べ物として日本文化に根付いている一方で、街角や駅構内の立ち食いそば店で手軽に空腹を満たすこともできる、現代日本人の食生活には欠かせない食べ物の一つだろう。

日本ではそばのほとんどが、穀物のそばの実を主原料として麺状に加工したもの。中華そばなどと区別して「日本そば」とも呼ばれる。ともすると、これほど日本的なものはほかにはないように思ってしまう。しかし、世界的に見ると、そば自体は極めてメジャーな存在。そして、麺という形状にとらわれず、様々なかたちで古くから愛され続けている食材なのだ。

まずは、世界におけるそばの生産量をデータで見てみよう。FAOSTAT(国際連合食糧農業機関統計データベース)による2018年のそばの生産量は、1位中国(約113万トン)、2位ロシア(約93万トン)で、この2国がダントツだ。だいぶ離れて3位フランス(約19万トン)、4位ウクライナ(約14万トン)と続き、日本はなんと10位(約3万トン)にすぎない。

生産量第3位、ここフランスでの食べられ方は、そば粉を使った「ガレット」が真っ先に思い浮かぶ。そば粉・卵・水などを合わせた生地をたっぷりのバターでこんがり焼き、その上にチーズやハムなどをのせて、シードル(リンゴの微発泡酒)と合わせて食べるのが定番。

パリのモンパルナス駅周辺、通称ガレット通りにある行列の絶えないガレット専門店にて

そういえば最近、毎日が異文化交流な筆者の家庭内で、こんなことがあった。フランス人の夫が「Sobaが食べたい」と言うので、大切な日本製のそばの乾麺をゆでようとしたところ、「それじゃない、焼いたSobaだ」と首を横に振る夫。彼にとってSobaとは日本そばのことではなく、どうも「焼きそば」のことを指しているらしい。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド