中学入試本番!有名校の素顔を知る 意外な歴史・校風

開成、麻布、筑波大学附属駒場など都内の有名中学校の入試試験が本番を迎えます。集中日の2月1日が試験の開成では、新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、2020年とほぼ同規模の1200人強が出願しました。受験生やその家族が気になるのは志望校の本当の姿。教育ジャーナリスト、おおたとしまさ氏による連載「進学校の素顔」では、最難関大学合格者数ランキングの上位校へ実際に足を運び、学校の素顔を紹介しています。この機会に是非お読みください。

◇  ◇  ◇

【開成中学・高校】
(上)「東大王」鍛えた 開成・クイズ研究部の早押し特訓
(中)中高つなぐ熱い体験 「開成人」は運動会で磨かれる
(下)東大進学トップ 開成、厚いOBと駆け上がった歴史

【武蔵高校・中学】
(上)武蔵、息づく学問の伝統 新校長が描く「進化」の道
(中)あえて英語圏でない国へ 「一人旅」させる武蔵
(下)「やぎになれ」に込めた思い 武蔵の群れない気骨

【麻布中学・高校
(上)「甲子園」連覇 強豪・麻布高オセロ部と伝説の顧問
(中)校則も生徒会もない理由 麻布、「自由」への高校紛争
(下)相次いだ不祥事も教材に 名門・麻布は失敗に学ぶ

【甲陽学院中学・高校】
(上)「白鹿」ゆかり名士の泉 甲陽学院が寄付受けないワケ
(中)一貫校でも中高別居、進路は助言のみ 甲陽学院の自律
(下)冬の六甲山踏破しいい湯だな 甲陽学院変わる伝統行事

【灘中学・高校】
(上)「数学五輪」の常連、灘の数研 先生もかなわない才能
(中)灘の畳が映す「柔道の父」の教え グローバル人材育む
(下)阪神大震災乗り越えた生徒力 灘の校是が結ぶ地元の絆

【渋谷教育学園幕張中学・高校】
(上)「渋谷幕張の奇跡」 急成長の源は3つの目標と校長講話
(中)渋谷幕張、東大志望が急増 進学力高めるキャリア教育
(下)東大よりハーバード? 渋谷幕張が海外一流大に強い理由

【東海中学・高校】
(上)医学部進学の名門 東海、生きる「僧侶養成校」の伝統
(中)「本当に医学部でいいか」 名門東海は生徒を迷わせる
(下)名門東海の男子歌劇団、名物「カヅラカタ」の本気度

【ラ・サール高校・中学】
(上)スマホもパソコンも禁止 名門ラ・サールの「寮生活」
(中)論破はゴールじゃない ラ・サール英語ディベート部
(下)人生を学ぶ35キロ ラ・サール名物「桜島一周遠行」

【筑波大学附属駒場中学・高校
(上)筑駒生が文化祭で学ぶ裏方としてのリーダーシップ
(中)都会の超進学校・筑駒 なんでコメ作りをガチで体験?
(下)スマホを使った物理実験 筑駒の型破りな授業の狙い

【東大寺学園中学・高校】
(上)50分間で1行、オンラインでは無理 東大寺学園の授業
(中)生徒の父、世界遺産で大宴会 東大寺学園の名物行事
(下)一枚の紙に無限の可能性 東大寺学園の折り紙研究部

【西大和学園中学・高校】
(上)西大和学園、富士山頂への執念が育む「日本一」の目標
(中)模擬国連は「知の格闘技」 人心掌握術学ぶ西大和学園
(下)東大・京大105人に 進化する西大和の教育プログラム

【久留米大学附設中学・高校】
(上)共学でも「おとこくさい」 久留米大附設の自由と自治
(中)演劇・合唱は全国クラス 久留米大附設の名物部活
(下)久留米大附設の「秀才」支える ゲーセンの人間教育

【海城中学高等学校】
(上)海城は時代の風を読む 学校改革し続けた30年
(中)建物自体が教材に 海城の新理科館が生む新しい学び
(下)海城が取り組むSTEAM教育 美術で育むタフネス

超進学校トップ10名物対決 (日経プレミアシリーズ)

著者 : おおたとしまさ
出版 : 日本経済新聞出版
価格 : 990 円(税込み)

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら