powered by 大人のレストランガイド

代替肉でもいける? 焼き肉やグルメバーガー試した

「焼肉ライク」では全店舗で植物由来の「代替肉」の焼き肉が楽しめる
「焼肉ライク」では全店舗で植物由来の「代替肉」の焼き肉が楽しめる

肉汁がしたたり落ちる焼き肉、バンズからパティがはみ出てシズル感満載のグルメハンバーガー……。肉好きにはたまらないこれらのメニューが、ホンモノの肉を使っていないと聞けば、驚くだろうか。果たして、そのお味は?

今、豆類や野菜など植物性の食材を使って肉の食感や栄養を再現した植物由来の「代替肉」(だいたいにく)が話題になっている。日本では、ダイズを「畑の肉」とも呼び、豆腐ハンバーグや精進料理などでこれまでにも親しんできたが、健康志向の高まりや、SDGsやサステナブルといった環境問題への意識の高まりもあり、世界的なブームになっているのだ。

欧米では動物肉の細胞から食肉を培養する「培養肉」「人工肉」という代替肉もある。動物をと畜せず、感染症管理も徹底できることから「クリーンミート」とも言われているが、日本国内ではまだ研究段階であり、今のところ代替肉は植物由来の肉だけを指すようだ。矢野経済研究所によると、世界の代替肉の市場規模(培養肉含む)は2020年で2572億円を超えており、今後10年間で約7倍になると予測されている。

以前は主に専門店などで提供・販売されていた「代替肉」だが、最近では大手ファストフードや焼肉店などでも「代替肉」メニューが提供されている。従来よりも格段においしくなったという声も多く、特に2020年は“コロナ太り”なども増え、消費ニーズが拡大している。

焼く前の「NEXTカルビ」(左側)と「NEXTハラミ」(右側)。全て代替肉

“ひとり焼肉”でおなじみの「焼肉ライク」では、カルビやハラミを代替肉でも味わえる。2020年11月から全国50店以上のうち関東5店舗にて代替肉の「NEXTカルビ」(50グラム/税別290円)と「NEXTハラミ」(50グラム/税別310円)を導入したところ、想定以上の反響があったため12月14日から全店舗で提供スタートしたところだ。

焼く前の代替肉の見た目は、普通の焼き肉の焼いたものとそっくり。焼き網に乗せ、片面20秒ほどあぶって焼き目がついたらOK。基本的に火が通っているので軽く焼くだけで十分だ。焼くと動物性の焼き肉のように香ばしく、ジューシーになるようだ。

カルビはしっかりと歯ごたえがあり、ハラミはふっくらしてうま味があった。個人的には牛肉というより豚肉に似たような味わいに感じられ、通常の焼き肉よりやや軟らかく、ほどよい弾力とかみ応えがあった。肉のような甘みやうま味もちゃんと感じられ、ダイズ臭さは全く感じられなかった。

代替肉製造ベンチャーのネクストミーツ(東京・渋谷)代表取締役の佐々木英之さんの話では、「主成分は丸大豆加工品のみで、しょうゆ・リンゴ・ニンニクといった植物性食材で下味をつけております。普通の焼き肉と比べると脂質は半分以下なのに、タンパク質は約2倍です」とのこと。ダイエット中の人や通常の焼き肉だと重すぎるという人には、新しいヘルシー焼き肉として受け入れられているのだろう。

左が代替肉のカルビ、右が通常肉のみすじ。食べた時の一番の違いは肉汁かもしれない

焼肉ライク(東京・渋谷)社長の有村壮央さんは「まだ圧倒的に通常肉の注文が多いのですが、ベジタリアンの方だけでなく興味本位で試す人もいて、反響は予想以上です。代替肉のおいしさに驚く人も多いです。焼肉ライクは気軽に自由に焼き肉を楽しむというコンセプトのため、焼き肉の選択肢が広がり、楽しんでくれる人が増えるのはとてもうれしい」とコメントする。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド