ときめきデザイン賞は「きのこの日付回転印」

今年新たに加わった「ときめきデザイン賞」。文具女子が「このデザインかわいい!」と、商品のデザインにときめいた文具に贈られる賞で、見事受賞を果たしたのがAlisa &あかめがねの「きのこの日付回転印」です。「ありさ&あかめがね」は飼い猫「ダリ」が主人公の物語の世界をもとに主にスタンプの文具をつくる2人組のユニットです。

持ち手にはきのこ柄がプリント

「きのこの日付回転印」はハンコでおなじみのサンビーとのコラボレーション商品です。日付回転印という種類のハンコで、回転印とは数字や番号を回転させてなつ印できるハンコです。数字やコード、連番管理などで手書きの手間を省くことに利用されますが、特にここ数年は手書きの手帳の需要が高まり日付スタンプとして活用する方が増えています。

印面は3.6×3.6センチ角

「きのこの日付回転印」は、精密なイラストが特徴です。日付は2019~2030まで使えます。2030年以降は日付回転印部分を交換して使うこともできます。日付表記は、月・日付・西暦の順になっています。回転印は日付変更歯車を回し、使いたい日付に合わせて使います。全体の絵柄と日付の部分が分かれているので、印面台の高低差を自分で調節してから使うのがポイントです。とても細かい図案で出荷前に一点一点、押印し検品してから出荷するほどこだわりが詰まったハンコです。価格は4980円(税抜き)。

一本一本の線が細かく精密な描写

実際に押したハンコがこちらです。美しい絵画のようなデザインで、木からキノコが生えている臨場感が伝わるイラストです。一般的なハンコは主線が太いのですが、ありさ&あかめがねのデザインは銅版画のような繊細な線が魅力。ハンコを押したときに感動が詰まっています。

ありささん提供のハンコ見本

ありささんにご提供いただいたハンコの見本です。ハンコの上から色を塗るなどアレンジを加えると絵本のようなイラストが完成します。おすすめのスタンプ台は「バーサファインクレア」。なつ印が早く乾いてにじみにくく、細かい図案やインクで塗りつぶされている面がきれいにおせるのが特徴です。美しいデザインと世界観が見事「ときめきデザイン賞」に輝きました。

コロナ下で「おうち時間」を充実させる文具に注目

2017年にスタートした「文具女子アワード」は今年で第4回目を迎えました。年々趣向を凝らした商品が登場しており、今まではデザインが重視されたものが多く、かわいらしさやオシャレさに目が行きがちでしたが、今年は見た目と機能面の双方を兼ね備えた文具が多く登場した印象です。特に文具女子アワードを受賞した文具すべてに共通することは「自分らしく使える」点です。例えば「Bobbin」はマスキングテープの収納・利用・交換に使えたり、「フセンマーカー」は読書や勉強で好きな色のふせんを好きな位置に貼れたり……というように「私はこういう使い方をしたい!」という個々の理想を実現させてくれる文具が増えた印象です。

今年はコロナ禍で「おうち時間」が一つのトレンドでした。仕事だけではなくプライベートで文具を使う機会が増えた方も多く、来年も自分時間を充実させてくれる女子文具の登場に期待が高まります。

(文/写真 やまぐちまきこ)

やまぐち まきこ
年間300万PVを超える人気ブログ「フムフムハック」の編集長。文房具を中心に「読んでフムフム・ワクワクする」コンテンツを発信。雑誌やWEBで文具ライターとしても活躍中。フムフムハック:https://www.fumufumu89.com/