「足が壊れるまで」を貫いた マラソン野口みずきさん五輪金メダリストに聞く(下)

日経Gooday

2016年に現役を引退するまで、五輪出場への挑戦を諦めなかった野口さん。その原動力は何だったのだろう
2016年に現役を引退するまで、五輪出場への挑戦を諦めなかった野口さん。その原動力は何だったのだろう
日経Gooday(グッデイ)

2004年のアテネ五輪マラソンで金メダリストに輝き、1年後のベルリンマラソンで2時間19分12秒の日本記録を樹立。そんな輝かしい実績を残した野口みずきさんだが、2大会連続の金メダルを目指した08年の北京五輪を欠場。その後、2016年に第一線を退くことを決断するまでの8年間、度重なるけがに泣かされながらも、決して五輪出場への挑戦を諦めなかった。彼女を突き動かす原動力は何だったのかを伺った。

落ちた筋力を取り戻し、奇跡の復活へ

――北京五輪後、2年近くけがで走れず、フルマラソンには4年近く出場できない日々が続きました。復帰を志しても何度も故障に苦しめられましたが、それでも五輪を諦めず、現役を続けられたのはなぜでしょうか。

一つは、アテネ五輪で金メダルを取ったからだと思います。あの大歓声を浴びたからこそ、もう一回、五輪に出て復活できたらどんなにかっこいいだろうと思っていました。北京五輪でメダルを獲得していたら、こんなに長い間、現役を続けることはなかったと思います。

もう一つは、私を支えてくれる人、応援してくれる人がたくさんいたと気づけたことだと思います。ファンの人たちからロンドンやリオデジャネイロ五輪を目指してほしいという言葉をいただき、「お前がやめるなら、俺もやめる」とまで言ってくださって引退までずっと伴走してくれた広瀬永和コーチ(現・岩谷産業陸上競技部監督)にも支えられました。コーチに対しては、生半可な気持ちで「競技をやめる」なんて口にしてはいけないと思っていました。競技人生の後半は本当にしんどかったですが、絶対にもう一度立ち上がって、コーチとお互いに「良かったね」と言い合いながら競技人生を終えたい、中途半端でやめたくないと思っていました。

でも、北京五輪前に肉離れした左足の筋力は、右足の3割程度に落ちてしまいました。海外のトレーナーに見てもらったとき、「右足が五輪選手の筋肉だけど、左足は一般人だね」と言われました。筋力の左右差をなくすために、レッグカール[注1]やゴムチューブを使ったリハビリトレーニングで、徹底的に鍛えることにしました。京都鞍馬口医療センターの理学療法士の先生が、「1人でトレーニングするとネガティブな気持ちになるだろうから、病院に来て、トレーニングしている他の選手と同じ空間でやりましょう」と言ってくださって、1年近くリハビリトレーニングのために通院しました。そこでは、私よりももっとひどいけがをしたアスリートが、ゴムチューブなどを使って黙々とリハビリトレーニングをしていました。その光景を見て、「ああ、この程度のけがでくよくよして弱音を吐いてはいけない」という気持ちになりました。辛いのは自分だけではないと思えたからこそ、心折れることなく続けられたのだと思います。

[注1]太もも裏の筋肉など、下半身を鍛える筋トレのこと。

――筋力のバランスは戻ったのでしょうか?

回復して戻りました。でも、2年ぶりにレースに復帰していい感じに走れたと思ったら疲労骨折をしたり、治療して走ったら太もも裏の肉離れを起こしたり、けがが絶えませんでした。ロンドン五輪選考レースとなる2012年の名古屋ウィメンズマラソンでは、レース中に左足が抜けるような感じになって失速し、五輪の切符を取ることはできませんでした。そうした足に力が入らなくなる「ぬけぬけ病」にも悩まされました。

――しかし、翌年2013年の名古屋ウィメンズマラソンでは、2時間24分5秒の好記録で3位に入賞し、10年ぶりにモスクワ世界陸上選手権女子マラソン代表の切符をつかみました。

あのレース中、膝が全く抜けることがなくて、自分でも驚きました。前半から積極的に前に出て、途中、他の選手に追い上げられたのですが、膝が抜けなかったおかげで、強気で走り抜くことができました。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
「走った距離は裏切らない」を信じ続けた
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント