powered by 大人のレストランガイド

スパークリング、オレンジ、貴腐…クイズで知るワイン

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

ワインの味は品種や産地、醸造年、生産者の数だけある。古代から飲まれてきた酒なのに、まだ知らないことも多い。ワイン好きの男女1000人にクイズを出し、正解者が少ない順にランキングした。

■1位 世界最古のワイン醸造の痕跡があるのは? 276人
(1)エジプト (2)クロアチア (3)ジョージア(グルジア)
nelen.ru - stock.adobe.com

2017年、ジョージアの首都トビリシの約50キロメートル南にある遺跡で見つかった約8000年前の土器に、ワインを造った痕跡があった。クヴェヴリと呼ぶ土器は深さ80センチメートル、幅40センチメートルで、ブドウの房が描かれている。

今でこそワイン生産量の1、2位を争うイタリアやフランスだが、ワイン醸造の起源はジョージアがあるコーカサス地方だった。同地方にあるアララト山にノアが箱舟でたどり着き、ブドウ栽培を始めたとの伝承もある。

ワイン歴史研究家の仲田道弘さんによると、ワイン造りはコーカサスからメソポタミアやギリシャを経てローマに伝わった。西欧に広がったのはローマ軍の侵攻とキリスト教の拡大。ローマ軍は兵士に飲ませるため、ブドウとワインの製法をフランスにもたらした。

クヴェヴリを使ったワインの製法は13年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録された。駐日ジョージア大使館のダヴィド・ゴギナシュヴィリ博士によると、同国のワインはシャルドネなど世界で主流のブドウ品種ではなく、500種類以上ある固有種を中心に使う。

<正解は(3)>

■2位 黒ブドウから造れるワインは? 293人
(1)赤ワインのみ (2)赤ワインとロゼワイン (3)赤ワインとロゼワインと白ワイン
メルシャン提供

赤ワイン用の黒ブドウにはカベルネ・ソーヴィニョンやメルロなどがある。赤ワインは果皮も一緒に発酵させる。白ワインは果汁だけで発酵させる。

実は黒ブドウも果皮を取り除いて発酵すれば、できあがるワインは白くなる。例えばシャンパーニュは白ブドウのシャルドネと黒ブドウのピノ・ノワールなどを使う。「スペインを代表する黒ブドウのテンプラニーリョの白ワインもある」(アンプリフィカの大滝恭子社長)

<正解は(3)>

■3位 2019年のシャンパーニュの輸出先で日本は何位?(本数ベース) 351人
(1)3位 (2)5位 (3)7位

19年に日本に輸出されたシャンパーニュは1430万本。英国、米国に次いで多く、10年比で1.9倍に増えた。「和食の繊細な味にクリーミーで細かな泡が合う」(シャトー・メルシャンの安蔵光弘ゼネラル・マネージャー)。「諸説あるが、日本人で初めてシャンパーニュを飲んだ人は福沢諭吉」(ワイン&チーズエデュケーターの冨永純子さん)とされる。

欧州連合(EU)は赤ワインと白ワインを混ぜたロゼワイン造りを禁じているが、シャンパーニュだけはこの製法が認められている。

<正解は(1)>

■4位 世界3大貴腐ワインのひとつはどれ? 352人
(1)アイスヴァイン (2)カビネット (3)トロッケンベーレンアウスレーゼ
Richard Semik - stock.adobe.com

とろっとして極甘口の貴腐ワイン。果皮に貴腐菌というカビが付着して果皮に小さな穴が開き、果肉の水分が蒸発して糖度が高まったブドウを使う。朝は霧が発生し、午後には晴れるという限定された気象が必要で、条件がそろわないと病気になる。3大貴腐ワインはドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼ、フランスのソーテルヌ、ハンガリーのトカイだ。「ソーテルヌの貴腐ワイン、シャトー・ディケムは1年に1本の株からグラス1杯分しかできないと公言している」(ワインジャーナリストの柳忠之さん)

<正解は(3)>

■5位 オレンジワインの特徴は? 385人
(1)白ブドウの果皮や種を取り除かずに造り、オレンジ色をしている 
(2)発酵させたオレンジ果汁をブレンドし、柑橘(かんきつ)系の香りがする
(3)カリフォルニアのオレンジ郡で造られ、果実味の凝縮感が強い

オレンジワインは赤ワインの製法で造る白ワイン。赤ワインは果汁と果皮を一緒に漬け込むことで、赤い色になる。通常白ワインは白ブドウの果汁だけで造るが、果皮も一定期間一緒に発酵させると、オレンジ色のワインが出来上がる。

ジョージアではクヴェヴリ製法で白ワインを造るとオレンジワインになる。現地ではアンバー(こはく色)ワインと呼ぶのが一般的。国内でも甲州ブドウからオレンジワインを造るワイナリーが増えてきた。

<正解は(1)>

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド