リビングで「時そば」 落語家苦闘、オンラインの1年立川談笑

いよいよ年末です。今年は家庭も仕事も、オリンピックまでもが新型コロナウイルスに振り回された年でしたねえ。私たち落語家も大いに苦しみました。人が集まっちゃいけないとなると、そもそも落語会が成立しませんから。予定の高座はすべてキャンセル。仕事はほぼゼロ。暗く落ち沈みそうなところを、なんとか気力を振り絞ってパソコンやインターネットを駆使したリモート活動に専念しました。落語家が苦闘したオンラインの年です。

本物のそばが登場する自宅ならではの演出でオンライン配信した「時そば」

3月ごろから落語会の出演者や主催者の間では「どうする? 今度の落語会、やる? やらない?」などと右往左往していました。それが4月7日の緊急事態宣言を境に、ぱったりと落語をやる場がなくなっちゃった。皆無。絶滅。

休まないはずの寄席まで

なにしろ4月、5月と都内の寄席定席が休業したのです。何があっても休まない、タフなはずの寄席が休業した。私たち立川流の落語家は基本的に寄席には出演しないのですが、それでも衝撃でした。私の主戦場である全国のホールや会館はほとんどが公の施設なので、規制はさらに厳格になります。

さあ困った。世間はリモート、オンラインへの移行で騒いでいる。落語もリモート化できるのか?

そのうち同業の仲間たちがインターネットを使った落語の無観客配信をぽつぽつと始め出しました。「リアルタイム」に重点を置いた生中継です。配信のためのごく少数のスタッフと、出演者。その場に客の姿はいないけれども、ネットを介した向こう側でたくさんのお客さんが楽しむという趣向です。そのお客さんたちもツイッターなどSNS(交流サイト)経由で集まるわけですから、通信技術の進歩が伝統芸能の命運を握ることとなりました。

さあそこで私も無観客配信に乗り出すことにしたのですが、課題は山積みです。まず場所。次に、映像と音響の機材はどうするか。さらにウェブ配信の業者の選定などなど。

検討に検討を重ねた結果、場所は自宅のリビングにしました。フローリングの床にそれらしい布を敷いて、ぺたりと座布団。これで高座の出来上がり。もちろん座布団は大きな落語用です。地方興行などに持っていくための商売道具ですが、まさか自宅で実用する羽目になるとは思いませんでした。

背景にはネット通販で仕入れた、派手な柄入りの大きなタペストリーを広げることにしました。ソファや書棚の前で落語ってわけにいきませんから。

映像と音響もひと苦労でした。たまにプライベートで使うだけの家庭用ムービーカメラを出してきて、音声はマイクを買ってきて外部入力につなげばOKかな、と。さらにそのカメラとパソコンをケーブルでつなげば良好な音声込みの映像がネットに送れるはずさ、と思っていたらさにあらず。

第一、このカメラの外部入力端子がどこなのかよく分からない。「おっかしいなあ」といくら調べても見つからないはず。存在しないんだ。内蔵マイクでしか音声入力ができない。しかも、たかだかこれだけの事実に行き着くまで何時間もかかっちゃった。必死になって製品仕様書をひっくり返しても、「ない」ものはどこにも書いてないのね。万事がこの調子。効率が悪いったらありゃしない。パソコンへの出力もオンラインではできなかったし。

いろんな方策を検討した末、最終的にカメラは手持ちのタブレット端末「iPad(アイパッド)」を使うことにして、適合する有線マイクはこれまた通販で買い求めました。

次のページ
とんでもなく楽しく、ひどく悲しい
エンタメ!連載記事一覧