ビジネスにも実名SNS 「見つけてもらえる」工夫をコムエクスポジアム・ジャパン社長 古市優子さん

コムエクスポジアム・ジャパン社長 古市優子さん
コムエクスポジアム・ジャパン社長 古市優子さん

次代を担う「旗手」は何を感じ、何を考えているのか――。日本経済新聞社が運営する投稿プラットフォーム「COMEMO」から、「キーオピニオンリーダー」が執筆したビジネスパーソンにも役立つ記事を紹介します。今回は、世界の主要都市で開かれるマーケティング業界のビジネス会議「アドテック」を主催するコムエクスポジアム・ジャパン(東京・港)社長の古市優子さんに、オンラインとオフラインの自分をつなげてビジネスに活用する方法について語ってもらいます。

ビジネス用プロフィルの重要性

ビジネスイベントを主催するという仕事柄、プロフィルを語った文章や自己アピールの文面に触れる機会がとても多くなっています。わが社が主催する会議で一番大きい「アドテック東京」だけでも、一度に300人近い登壇者と関わっています。このイベントはその属性上、マーケティング職に関わる方が多いので、「魅力をきちんと伝える力」や「商品を売る力」にめっぽう強い方々とたくさん接することになります。みなさんとても素晴らしいプロフェッショナルです。

しかし、そんなプロたちに囲まれていてときどき気になってしまうのが、「自分自身の売り出し方」です。先日も100人の登壇者を発表したのですが、ツイッターとリンクできた方が3割しかいなかったことに少し衝撃を受けました。

あくまでツイッターは一例ですが、転職や副業が当たり前になった、いわゆる「個の時代」は言ってみれば「自己アピールしたもの勝ち」です。反対に、自分のプロフィルがきちんと整理されていないのは損でしかないと思います。

イベントやメディアなどで海外ゲストのプロフィルを見て、「写真をばっちりキメているなあ」「経歴がとても派手だなあ」などと感じた経験はないでしょうか。正直言って、私はあのくらいでちょうど良いと思います。一般的な日本人の感性からすれば「やりすぎ」くらいでちょうどグローバルでみれば標準レベルだと思います。

今は「自分の名前+企業名」で検索すれば、いくらでも情報が出てくる時代です。あなたに興味のある人は一度はあなたを検索していると思ったほうが無難です。自分が検索されたときに、何が検索結果として出てくるか、きちんと意識しているでしょうか。

これからのビジネスパーソンには自分のプロフィルを意識的に整理しておくという、個人レベルでの対応が求められてくると思います。

次のページ
実名SNSアカウントをビジネスに活用する時代