MEN’S EX

2020/12/26

DRAMA na SUITS(2)エリートなスーツの見ごたえ◎

『SUITS/スーツ2』

弁護士事務所が舞台のドラマ。アメリカのドラマがベースなうえにエリート弁護士設定からか、キャラ設定、衣装設定も華やかだ。

内田 織田裕二さん演じた甲斐の着こなしが、いつも綺麗なんですよ。スリーピースが多いのですが、よく同系色のグラデーションで、スーツ&Vゾーンをまとめていて、センス良く見えるなぁと惚れ惚れ。

平澤 織田裕二さん、スリーピース似合っていたよね。『半沢直樹』の取締役の大和田とはまた違ったスリーピース。大和田はライトグレーがベースだったのに対し、こちらはネイビー系、ストライプ系スーツにチェックタイやボルドータイが華やかさを出し、アグレッシブな勢いを感じさせる雰囲気! ジャケットを脱いだ、ベスト姿もかっこよかった!

内田 甲斐はスリーピースでもシングルの2ピースでもとにかくピークトラペルだったのも印象深い。それもアグレッシブさが伝わってきたポイントかもしれませんね。

平澤 甲斐の後輩役、鈴木大輔のスタイルは、『半沢直樹』の森山と比べても、ピンクやブラウンなど、暖色系の色を挿して、洒落感を出していたのもポイント。ワントーンのVゾーンに飽きたときに参考にしてほしい。

内田 今回のスーツ・オブ・ザ・イヤーで受賞された鈴木保奈美さんも、劇中の衣装、素敵でしたね。

平澤 ボウタイシャツ+タイトスカートがお似合いでした。自分も見習わなくては!とうっとり……。

DRAMA na SUITS(3)安心感ある“らしい”着こなし

『相棒season19』

なんとシーズン19! 変わってきたのは代々の「相棒」で、ドラマの魅力は今も昔ももはや普遍。対照的な上司と部下の好コンビネーションの様子にあこがれる人も多数。

平澤 主演の水谷豊さん、反町隆史さんは、以前M.E.の表紙にも、お二人揃ってご出演いただいたことがあって、その撮影のときも、『相棒』でのように仲が良くて。まさに理想の上司と部下!

内田 もはや国民的ドラマですがこの作品でのスーツは、「変わらない”らしさ”」がテーマかと。

平澤 右京さんはピンクなど明るめカラーのタイやチーフを合わせて、顔色を明るく見せているね。年齢を感じさせない効果もありそう。長らく買い替えていない地味色スーツでも、タイを明るめの差し色にすることで、フレッシュな印象になる好例ですね。

内田 胸元高めの位置にボタンがある3Bのスーツも右京スタイル。今や懐かしさ漂うスタイルですが、これがキャラに合ってトレードマークになっていますね。

平澤 かたや相棒の冠城は、まさに最近世の中に浸透しているノータイビズのお手本!

内田 ノータイでも襟元のメリハリがあり男らしく見えます。それはやはりシャツの選びが大きいですよね。少し台襟高めのシャツにするとか。色をブルーにするというのも手。

平澤 ドラマは、スーツが個性を演出する、とてもいい例が見られて楽しい。これからもウォッチを続けましょう!

撮影=筒井義昭、島本一男(BAARL)、荒金篤史、上仲正寿 スタイリング=武内雅英(CODE)、森岡 弘、犬走比佐乃、水野陽介、宮崎 司(CODE) ヘアメイク=MASAYUKI(The VOICE)、北村達彦、三科光平(OCEANS TOKYO)、福沢京子 構成・文=小曽根広光 文=吉田 巌(十万馬力)、秦 大輔、柳沢 哲、安岡将文 イラスト=TOMOYA 撮影協力=バックグラウンドファクトリー、EASE

MEN'S EX

[MEN’S EX 2020年12月号の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram