コロナでミシン復活 販売1.8倍、200万円の高級機も大河原克行のデータで見るファクト

ブラザー販売が21年1月に発売する家庭用ミシン最上位フラッグシップモデル「LUMINAIRE(ルミナイアー)XP1」。価格は何と200万円(税別)だ
ブラザー販売が21年1月に発売する家庭用ミシン最上位フラッグシップモデル「LUMINAIRE(ルミナイアー)XP1」。価格は何と200万円(税別)だ

2019年度までの10年間で、総出荷台数が約25%も減少していた国内の家庭用ミシン市場(出所:日本縫製機械工業会)は、20年度に入ってから一転した。調査会社Gfkジャパン(東京・中野)によると、20年4~10月の販売台数は前年同期比約1.8倍という高い成長をみせている。

その背景にあるのが、新型コロナウイルス禍における手づくりニーズの増加だ。

特にマスクを手作りするために自宅でミシンを利用する人が多く、ミシン大手ブラザー工業傘下のブラザー販売が開設した「手作りマスク型紙・作り方レシピ」のサイトへのアクセス数は、20年4月から10月の半年間で、前年同期比1000倍以上と急増した。

ブラザー販売の安井宏一取締役は、「近年、簡単に作れるアイテムを紹介するなど、コンテンツサイトを強化してきたが、マスク不足が顕著になった20年春から、マスクを手作りしたいという人が増加し、サイトへのアクセスが急増した。もともとアクセス数が少ないサイトであるため伸び率は高いが、ここまでの伸びはまったく想定していなかった」と振り返る。

巣ごもり需要で手作りへの関心が高まる

ミシンによる手作りのニーズが増加したのはマスクだけではない。巣ごもり需要によって、マスク以外の手作りにも関心が高まっているのは、ブラザーのほかのデータからもわかる。

同社が公開している型紙レシピサイト全体へのアクセス数は前年比1.8倍、ハンドメードに関する情報を発信している同社LINEアカウントの登録者数は前年比5.4倍、刺繍(ししゅう)データを販売している「ハートステッチズ」へのサイト登録者数は1.7倍になった。

そして、ブラザー販売の家庭用ミシンの製品サイトへのアクセス数は2.5倍に達したという。

同社では「おうち時間が増えたことにより、家庭用ミシンでの手作りニーズが喚起され、20年度上期は普及機を中心に販売が好調だった。下期も家庭用ミシンへの需要は引き続き好調に推移すると見込んでいる」とする。同社は全世界での家庭用ミシンの通期販売台数を大幅に上方修正し、前年比30%増を見込んでいる。

注目記事
次のページ
プロジェクター搭載の高級機が登場