powered by 大人のレストランガイド

こだわり野菜やジビエも 産直お取り寄せグルメ3選

お取り寄せで、採れたて野菜のおいしさと農家のこだわりを知る。(わっぱファーム)
お取り寄せで、採れたて野菜のおいしさと農家のこだわりを知る。(わっぱファーム)

旅先で採れたての野菜と出会い「こんなに味が濃かったんだ」と驚くことがしばしある。とはいえ、コロナ禍で生産地に足を伸ばすのは難しい。一方、卸先だった飲食店の経営悪化などで生産者側にもシワ寄せが及んでいる。そこで今、生産者と消費者を結びつける産直お取り寄せに注目が集まる。ひと味違うこだわりの産直の食材を取り寄せ、楽しむと食卓はいつもと違ったものになる。

客の金額リクエストなどに応じて、農家が厳選した旬の野菜や果物を送ってくれる産直お取り寄せサービスサイト「ゴヒイキ」。ユニークなのは、購入金額や無農薬がいいなどリクエストするだけで、対応可能な農家をマッチングしてくれ、取引できる方式を採用していること。もちろん、提携農家リストの中から自分が農家を指名し注文することもできる。

2020年11月時点では全国703農家が登録、コロナ禍でユーザー登録数も右肩上がりで現在、2万人以上に上るという。

たとえば、「無農薬」など自分の希望やこだわりを入れて検索すると、それに対応した農家がネット上にずらりと登場。その農家の自己PRや野菜や果物、米など取り扱い品目や朝採れの有無、受賞歴やユーザー評価などの情報もゲットできる。取引する農家側と発送内容や配送希望日なども細かくやりとりできるので旬の食材を必要な時に利用できるわけだ。

実際に試すと、農家側とのやりとりが結構楽しい。収穫や発送の様子を教えてくれたり、野菜の保存方法も教えてくれたり。訪ねたこともない農園なのに、自然と親近感がわいてくる。産直のおいしさに触れると、どんなところで作られているのか、など一層興味が募る。中には野菜づくりなど農業体験ができる農家もあり、コロナ禍が終息した暁には行ってみたい気分にもなってくる。

ゴヒイキを運営するのはWEBマーケティング会社「Heart Full」(東京・千代田)で、社長の樋勝毅さんは父親の家庭菜園で採れたプチトマトのおいしさに感動した経験の持ち主。一方で、田舎に戻り農業を始めた友人が十分な収入を得られていないことを知り、何とかしたいと考えたのがきっかけでサイトを立ち上げた。ネットを通じて野菜のおいしさを伝え、日本の農家の地位が上がって元気になればと意気込みを見せる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド