powered by 大人のレストランガイド

タイと日本、27年前の残念な歴史 おむすびが結び直す

駐日タイ大使公邸からオンライン中継されたUnited Rice Ball
駐日タイ大使公邸からオンライン中継されたUnited Rice Ball

日本の米と外国の米をいっしょににぎっておむすびをつくる国際交流イベント「United Rice Ball(ユナイテッドライスボール)」が、駐日タイ大使公邸(東京都品川区)で開かれた。コロナ禍の中、ZOOMによるオンライン配信で100組以上の参加者が楽しんだ。粘り気のある日本の米と、ぱらぱらで独特の香りのあるタイの米は、どのようなおむすびに結実したのだろうか。

ユナイテッドライスボールは今回で2回目(前回の記事は、「おむすびで国と国を結ぶ 国産とスペイン米混ぜたら…」)。昨年の第1回は日本米とスペイン米だった。元電通の倉成英俊さんと、フードユニット「つむぎや」の金子健一さんと松浦裕さん、お米ライターの柏木智帆さんらが中心になって企画した。

Unitd Rice Ballのロゴ

タイ米といえば、1993年の記録的な冷夏で日本が米不足となり、タイから緊急輸入されたものの、日本人にとって食べ慣れない食感や香りから敬遠された「残念な歴史」がある。お米ライターの柏木さんが専門家に聞いたところによれば、当時日本に入ってきたのはタイ米の中でも品質の高いものではなかったことも一因という。タイ米は現在、タイ料理店などで広く親しまれているが、主催者の倉成さんは「日本側から勝手に(あのときのことを)リベンジしたいんですよね」と語った。

イベント当日は、タイと日本の国交樹立133回目の記念日にあたる9月26日。シントン・ラーピセートパン駐日タイ大使が、この日のために公邸を会場として提供した。大使によると、アユタヤ王朝の時代、タイから琉球に米が輸出されて泡盛の原料となったほか、味噌、しょうゆ、せんべいやあられなどにタイ米が使われているという。大使は「タイ米は日本とタイの長い交流を示すものです」と挨拶。泡盛で乾杯し、イベントがスタートした。

塩むすびをほおばるシントン・ラーピセートパン駐日タイ大使
メールマガジン登録
大人のレストランガイド