100均グッズですぐ解決 コロナで変わる生活が便利にSeriaがお薦めする便利な100円グッズ(後編)

100円ショップは便利グッズの宝庫。全国に店舗「Seria」を展開するセリアに、便利グッズの売れ筋人気商品のなかから、お薦め商品を聞いた。前回の「全部買っても500円 整理や大掃除お役立ち100均グッズ」に引き続き、今回は新型コロナウイルスの感染拡大で変わる日常生活を、少しでも快適で便利にしてくれるグッズを中心に紹介する。

洗濯して干したマスクを一気に外せるハンガー

洗って繰り返し使う布マスクを干すのにぴったりなのが「洗濯物が一度に外せるピンチハンガー10ピンチ付」。布マスクは素材によってはネットに入れての洗濯が推奨され、乾燥機がNGなど、取り扱いが面倒な場合も。そこでお気に入りのマスクは手洗い、手絞り、手干ししている人も多いだろう。

このピンチハンガーは、マスクなどの小物をたくさん干す際にとても重宝する。驚くのは、乾いた洗濯物をピンチから外すときに発揮される機能だ。並んだ10個のピンチを左右から押すと、10個のピンチが同時に開いて、一気に洗濯物を外すことができる。マスクだけでなく、下着などデリケートな取り扱いが必要な洗濯物も、ピンチの挟む面がフラットで筋がないので、ピンチの跡が付いたりしない。

コツさえ覚えれば大した力を入れなくても、10個の洗濯物を簡単に外せるようになる。マスクのほか、靴下やハンカチなどを干すのにもぴったり
「洗濯物が一度に外せるピンチハンガー10ピンチ付」のパッケージ外観

自動車通勤のビジネスパーソンもスーツを運びやすい

テレワークが中心となり出社日数が減ったことや、満員電車での感染リスクを減らしたいという理由で、たまの出社ではマイカー通勤を始めたビジネスパーソンもいるそうだ。そんな人に売れ筋商品のなかからお薦めしたいのは「シートジャケットハンガー」だ。「コートやジャケットのシワや形崩れを防ぎます。ヘッドレストのポールにはめるだけの簡単取り付けタイプなので、ミラーや窓ガラスの邪魔をしません」(セリア)

スーツを着たまま運転をすると、体が動かしにくい上、シワになる。「シートジャケットハンガー」なら、ヘッドレストの後部をハンガーにして、シワや、形崩れをさせたくないジャケットなどを掛けることができる。装着は車のヘッドレストの2本のポールに先端のホルダーをパチッとはめるだけで簡単だ。ヘッドレストの後ろに取り付けるため、ミラーや窓を遮ることもない。ヘッドレストとシートが分離していて、ヘッドレストのポール直径が1.2センチメートル以下、ポールの間隔が10~17センチメートルの車なら、100円で「動くクローゼット」に早変わりだ。

「シートジャケットハンガー」のサイズは、縦23.5×横44.3×奥行き8.7センチメートル。耐荷重量は1キログラム
「シートジャケットハンガー」のパッケージ外観

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ポケットにしのばせておける極薄バッグ
MONO TRENDY連載記事一覧