柄入りニットストールは「着る」感覚で自在に操って

シンプルなパンツで合わせて、ニットの風合いを際立たせて

目を引く柄が施されたストールは、服のように「着る」という使い方が新鮮です。襟や袖がないおかげで、ジャケットやカーディガンよりも自在に着こなせるのも魅力といえるでしょう。

クラシックな柄が編み込まれたニットストールをくるっと1回だけ巻いて、両肩に乗せるように迎えました。「巻く」と「着る」の合わせ技のような使い方です。まるでボレロを着ているようなアレンジ技は上質ニットストールならでは。柄ニットトップスに重ねた「ニット・オン・ニット」のコーデは、冬のほっこりした雰囲気を高めてくれます。

帽子とパンツで上下を黒で引き締めて色柄を強調

ボリュームに余裕のあるストールは、首に巻いたうえで、肩に重ねられます。身頃にしっかりかぶせれば、ケープのような着映えに様変わり。シンプルな服にも、レディームードをもたらせるコーデ技です。

ウォーターカラーのニットカーディガンの上から、柄物のストールを一巻きしてから両肩に乗せました。肩からひじにかけてボリュームを出したおかげで、ケープのようにも見え、腕の細感を引き出すことに成功しています。ストールの柄が生きて、装いに華やぎがプラス。ストールとカーディガンのブルーがきれいに響き合いました。帽子にもワイドパンツにも黒を使って、シックに仕上げています。

長く愛せるストールで冬コーデをタイムレスに

1797年創業の「ジョンストンズ オブ エルガン」はカシミヤと高級ウールのエキスパート。上質なストールを生み出せる理由は、原毛から完成品まで仕上げる、自社工場での一貫生産を続けているから。ロンドン・ファッションウイークで発表された2020-21年秋冬コレクションでは現代的な色彩と伝統な柄を掛け合わせ、流行に左右されない「タイムレス」な装いを提案しました。

「防寒小物」という役割にとどめないで、ストールを「服」としても位置づければ、着こなしのバリエーションが格段に広がります。冬の装いにおいて、脇役のように見えて、実は主役級に目立つアイテムでもあります。この冬は上質ストールのアレンジ術を取り入れて、多彩でポジティブなスタイリングを楽しんでみませんか。

(画像協力)
ジョンストンズ オブ エルガン
https://johnstons.jp/
宮田理江
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通販ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。