予測も狂ったコロナ初年 デジタル機器に何が起きた?戸田覚の最新デジタル機器レビュー

新型コロナウイルスの影響でテレワークの導入が一気に加速した(写真はイメージ)
新型コロナウイルスの影響でテレワークの導入が一気に加速した(写真はイメージ)

2020年は、デジタル、IT(情報技術)業界にとって特別な年となった。新型コロナウイルスの感染拡大による影響は甚大だが、ITの普及によってそのダメージを最小限に抑えた企業も少なくない。逆に言うなら、徐々に進むはずだったテレワークの導入が一気に加速し、ビジネススタイルに大きな変革がもたらされたのだ。

今回は激動だった1年間のデジタル機器やITのトレンドを振り返っていく。僕自身は、30年以上この業界をウオッチしているが、最も大きな動きのあった1年だと感じている。

テレワークが一気に進化

今さら言うまでもないが、コロナ禍の影響でテレワークが一気に普及した。正確に言うなら在宅勤務が普及したわけで、モバイルワークの頻度は減っている。今後はこれがニューノーマル(新常態)となる。その割合は変化するとしても、今後の働き方のスタンダードになるのは誰もが認めるところだろう。

いきなり在宅勤務をせざるを得なくなったことによって、パソコンが売れに売れた。本来なら、今年はパソコンが「売れない」年だった。Windows 7のサポート終了の関係で、19年はパソコンがよく売れた。その反動と消費増税の影響で、今年は「売れない」と予測されていた。この手の読みは、これまでまず外れたことがなかった。

ところが、いきなり在宅勤務用のパソコンが大量に求められることになった。一部では品不足状態もみられた。

米インテルのCPU(中央演算処理装置)の供給が不足する一方で、米アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)製の「Ryzen(ライゼン)」が注目を集めたのも見逃せない。価格の割に性能が高いRyzenは大いに人気を集め、実はこちらも品薄になった。さらに、米Apple(アップル)が自社で開発した「M1」チップを搭載したMacが11月に登場して、話題となった。

アップルが自社開発した「M1」チップを搭載した新型MacBook Air

今年はCPUの格付けが大きく変わる先駆けの年となりそうだ。従来のように「Core i7」「Core i5」といったCPUの「格」によってパソコンの価格が位置づけられる販売方法が、変わることになるかもしれない。

注目記事
次のページ
旺盛なニーズでモノが足りない