保守王国で増える分裂知事選 割れた「一枚岩」の力学

保守分裂の富山県知事選で現職の5選を阻止した新田八朗氏(10月、富山市)
保守分裂の富山県知事選で現職の5選を阻止した新田八朗氏(10月、富山市)

自民党が強い「保守王国」の知事選で、自民党が二手に分かれて戦う保守分裂選挙が相次いでいます。多選知事の下で、人口減少や地域経済活性化の対策がなかなか進まないことへの不満が募る中、知事と県議の対立や県議団の分裂、国会議員団と県議団の確執などが絡み合った末の現象のようです。

県選出国会議員はすべて自民という保守王国の岐阜県で、2021年1月の知事選が約半世紀ぶりの保守分裂選挙になります。国会議員団が経済産業省出身で5期目をめざす現職を支持するのに対し、現職に不満を持つベテラン県議らは同じ経産省出身の新人を擁立しました。

10月の富山県知事選も51年ぶりに保守が分裂しました。自民県連が推薦し5選をめざした現職を、一部の県議が支援した民間経営者が破りました。19年の統一地方選でも福井県や島根県の知事選が保守分裂選挙になり、新知事が誕生しています。

保守分裂選挙はどちらが勝っても知事は自民系です。自民党内で知事が交代するのは、派閥持ち回りで首相を出した「昭和型」の権力闘争といえます。急激な変化を好まない地方では、人心一新の機運が高まっても、保守の枠内で新陳代謝を図る漸進的な昭和型の「疑似政権交代」が合うのかもしれません。

保守分裂の主役は県議です。県議選は同じ党の候補者同士で争う昭和型の中選挙区が多く、党内で主張の異なる派閥の主導権争いや若手の反乱が起きやすい構造です。地方政治に詳しい茨城大学の馬渡剛教授は「保守分裂選挙には新陳代謝を進める意思がうかがえる。地方には多様な保守がある」とみます。

保守分裂の知事選後、茨城県議会は県の魅力をアピールするプロジェクトにも取り組むようになった

昭和型の派閥政治は政治とカネの問題の温床になり、政治不信を招きました。保守分裂の知事選で県連内にしこりが残り、会派分裂などのゴタゴタが後を引いては県民にそっぽを向かれるでしょう。新しい知事が新風を吹かせ、県議会がそれに負けじと改革に乗り出せば、地方政治の変革の芽になります。

保守王国の一つとされる茨城県は、17年の知事選が保守分裂選挙になり、若い新知事が誕生しました。早速、知事が改革を進めると、県議会も若手を中心に政策条例づくりに積極的に取り組み始めました。

次のページ
馬渡剛・茨城大学教授「新陳代謝進める意思の表れ」
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら