キャンプでも街中でも 落ち着いたデザインの大人ダウン

東京・高円寺のセレクトショップ「Lampa(ランパ)」店主の遠山勇氏にも話を聞いた。選んでくれたのは、have a good day(ハブアグッドデイ)が国産ダウンメーカーであるNANGA(ナンガ)とコラボレーションした一着だ。

日本での生産にこだわった上質なデイリーウエアを志向する「have a good day」。国産シュラフメーカーの「NANGA」が製造を手がけている。中綿には良質な羽毛のみを厳選し、殺菌処理や抗菌加工を施した最高級のダックダウンを使用している。have a good day × NANGA / Hooded Down Coat 5万3900円(税込み)

「最大のポイントは難燃性の生地を使っていることですね。たき火をするにも安心なので、キャンプに興味がある方にも人気です。中綿には高級なダックダウンを使っているので、『北海道に行っても快適だった』と話すお客さんもいらっしゃるくらい暖かいです」

アウトドアでの使用だけでなく、街中で使える落ち着いたデザインも魅力的だ。

フードの立ち上がりを高めに設定することで首元への寒気をシャットアウト。フロントはあえて簡素なスナップボタンを採用し、ほどよく力の抜けた雰囲気を演出

「いい意味でダウンジャケットらしくないシンプルなたたずまいですよね。それでいて襟の高さや、ボタンの選び方にhave a good dayらしい個性を感じます。合わせるアイテムも選ばないので、ビジネスカジュアルのコーディネートに取り入れる方も多いですよ」

遠山氏のおすすめコーディネート。清潔感のある大人のカジュアルスタイル

防水、保温、温度調節…圧倒的な機能に注目

「ダウンジャケットを購入する際、最も大切なのは自分の体形にあったサイズを選ぶこと。大人っぽい印象に見えますし、身体にフィットすることで機能性を最大限生かすことができます」

そう語るのは「ADAM ET ROPE'(アダムエロペ)」渋谷PARCO店の神原啓助氏。ADAM ET ROPE'がDESCENTE ALLTERRAIN(デサント オルテライン)に別注した一着を選んでくれた。

国内でも数少ないダウンジャケットの一貫生産を行う、岩手県奥州市の工場が手がけた一着。幅広い天候下での着用を想定して、フードへの水や雪たまりを防ぐ特殊構造「パラフードシステム」をはじめ、様々な機能を搭載している。DESCENTE ALLTERRAIN / 別注 MOUNTAINEER 13万2000円(税込み)

「抜群の機能性を備えたアイテムです。耐水性や透湿性のほか、脇下のジッパーを開閉することでダウン内部の温度調節ができるし、HEAT NAVI(ヒートナビ)という特殊な保温素材を裏地に使っていて、快適さは申し分ありません。今回アダムエロペの別注により、UVカット効果やストレッチ性もプラスされています」

別注モデルは凹凸感が特徴のオリジナル生地を採用。コットンのような自然な風合いもポイントだ

価格は13万円台と高価だが、店頭では高い支持を得ているという。

「年齢層の高い方はもちろん、ダウンジャケットをはじめて買うという若いお客様にも反応をいただいています。お客様の想像を上回る機能性と快適さに価値を感じていただけているのでしょう。シンプルで洗練されたデザインも人気の理由ですね。何年経っても手元に置いておきたいと思える一着です」

ブラックとベージュの2色展開。ダウン特有のボリューム感を感じさせないスマートなシルエットだ

文:FACY編集部 山梨幸輝(https://facy.jp/)


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram