コロナで仲間の連帯感 絆がより強く(井上芳雄)第82回

井上芳雄です。新型コロナウイルスがまた拡大してきました。どの劇場も感染対策には万全を期していますが、それでも陽性者が出て公演中止となる作品も出てきています。お客さまには申し訳ないし、関係者は悔しくて残念だろうと思います。いつ自分たちが同じ状況になってもおかしくないなか、僕たち俳優やスタッフはこれまで以上に細心の注意を払って、公演に臨んでいます。

ミュージカル『プロデューサーズ』で、かつてはヒット作を生み出したが、今は落ちぶれたブロードウェイのプロデューサーを演じる井上芳雄。12月6日まで東急シアターオーブで上演(写真提供:東宝演劇部)

演劇の公演が再開されてから、どの劇場もできる限りの感染対策をしています。例えば、楽屋には2人までしか入らない、PCR検査で陰性の人しか来られないなど徹底しています。僕たち俳優は2週間に1回、定期的にPCR検査を受けます。ヘアメイクさんやスタイリストさんといった、俳優とじかに接するスタッフも検査を受けて、みんなの結果が出るまでどきどきしながら待つというのを、この半年くらいずっと続けていますね。最近はまた感染が拡大して、初期のころのぴりぴりした空気が戻ってきて、緊張感が高まっています。

舞台上の演出も、今は基本的には俳優同士の接触を極力避ける方向になっていると思います。僕は11月9日から東急シアターオーブで上演しているミュージカル『プロデューサーズ』に出ていますが、この作品もそう。例えばキスシーンはこれまではほとんど実際にしていたと思うのですが、今は直接触れないような演出になっています。ただ、業界に一律のガイドラインがあるわけではないので、作品によっては違うかもしれませんが。

そういうなかで感じるのは、仲間の連帯意識が高まったこと。自分たちもいつ感染するか分からないし、できる限りの対策をして、みんなで協力して危機を乗り越えようという気持ちは一致しています。演劇界の横のつながりが強くなったように思います。

海外の演劇人との絆も感じます。僕が出ている『プロデューサーズ』はブロードウェイで大ヒットしたコメディの傑作。公演の初日には、オリジナルの振付・演出をしたスーザン・ストローマンと日本版振付のジェームス・グレイから、メッセージが届きました。「今の時期に開幕できたのは奇跡だと思う。一緒にお祝いしたかったけど、残念だけど行けない。でも、こんな時代だからこそミュージカルコメディが必要だと思うから、頑張ってください」とありました。楽屋に貼って毎回見て、舞台に上がってます。ブロードウェイの劇場は2021年5月末までの閉鎖が発表されています。今、日本で公演できていること自体、向こうでは考えられない状況でしょう。海を越えたブロードウェイの仲間たちの思いも受け止め、一緒に頑張るという気持ちで演じています。

コロナ以降、舞台裏で大きく変わったのは、キャスト同士の行き来が減ったことでしょうか。飲み会に行けないのは当然ですけど、楽屋間の訪問も控えるようになりました。普段集まれないから、開演直前に舞台袖でその日初めて会うみたいな感じです。終わるとすぐに帰るので、世間話をするタイミングも限られます。僕は出ずっぱりなので、それでもみんなと舞台上で会うのですが、限られた人としか演技しない役だと、カンパニーの中でも「あの人と全然会ってない。舞台上にいるのは知ってるけど」みたいな笑い話になります。気持ちの上ではつながっているけど、実際の接触は最小限。これは、今までになかったことですね。

次のページ
新しいミュージカルのフェス
エンタメ!連載記事一覧