N
エンタメ!
立川談笑、らくご「虎の穴」

2020/12/6

立川談笑、らくご「虎の穴」

「劇場版 高座から愛を込めて」は去年のツアー初日、東京公演のシーンから始まる。そこから、初顔合わせや愛知、大阪など各地での公演、千秋楽となった新宿末広亭での追加公演の様子が記録され、さらに年が明けて今年2月に開催した高円寺演芸まつりでの本公演や、猛威をふるうコロナ禍のために4月4日に初めてやった無観客配信、そして9月30日に開催した今年の東京公演までが収められている。

コロナ禍以前の映像が突きつけるもの

奇(く)しくも世界のあり方が一変したこの一年を記録した映像作品だから思いがけず劇的になっている。初めてのツアーに胸を躍らせながら各地を回っている映画前半の僕たちは、その後に全国ツアーどころか演芸会を開催することが難しくなる日が来るなんてこれっぽっちも思っていない。「来年真打ちに昇進します!」とうれしそうに話している画面の中の鯉八は、一生に一度の披露目がコロナ禍で延期になることをまだ知らない。いまある当たり前も、本当はいつなくなってもおかしくない。つい忘れがちなそんな真理をこの映画は突きつけてくる。

ドキュメンタリー映画「劇場版 高座から愛を込めて」のエリザベス宮地監督

そう言えばと思い出した出来事がある。ソーゾーシーで無観客配信をした帰り道、監督と二人で話していた時のこと。全ての仕事がキャンセルになっていく不安を愚痴っぽくしゃべる僕の話を受けて、監督は「不要不急の仕事はあっても、不要不急の感情はないはずですよね」とポロっとおっしゃった。あの時のこの言葉が、映画の中のクライマックスとも位置づけられるような重要な場面に出てくる。そうか、あの瞬間に「劇場版 高座から愛を込めて」が生まれたのだなと思った。

ネタを作るとき、当たり前だけど最初が一番しんどい。切り口だったりメッセージだったりの、何を描きたいのか、何を言いたいのか、どうしたいのかという動機。そんなものが最初から浮かんでいることなんてほとんどなくて、大抵はこの日に披露しなくちゃいけないという締め切りが先にあって、そこから逆算して作業を始める。真っ白いノートとにらめっこしながら、ほんのわずかな取っかかりを探す。自分の心が動くそんな取っかかりが見つかれば、後はその先にあるものを手繰り寄せていく作業だから、ずいぶんと気持ちはラクになる。エリザベス宮地監督もきっと同じで、録画ボタンを押しさえすればとりあえず映像は撮影できるけど、さぁそこから何を描くのか、自分は何を言いたいのか、どうしたいのか、自問自答を繰り返されているに違いない。

記録映像を撮ってもらおうとエリザベス宮地監督にお願いした昨年のツアー。実は一番創造していたのは監督自身だったのかもしれない。

立川吉笑
 本名は人羅真樹(ひとら・まさき)。1984年6月27日生まれ、京都市出身。京都教育大学教育学部数学科教育専攻中退。2010年11月、立川談笑に入門。12年04月、二ツ目に昇進。軽妙かつ時にはシュールな創作落語を多数手掛ける。エッセー連載やテレビ・ラジオ出演などで多彩な才能を発揮。19年4月から月1回定例の「ひとり会」も始めた。著書に「現在落語論」(毎日新聞出版)。

エンタメ!連載記事一覧