powered by 大人のレストランガイド

素材の違いで味わい多彩な藻塩 昆布はうま味たっぷり魅惑のソルトワールド(48)

藻塩とは海藻のエキスの入った塩のこと
藻塩とは海藻のエキスの入った塩のこと

数多く流通している塩の中でも最近、注目を集めているのが「藻塩(もしお)」だ。海藻を用いて作られた塩で、普通の塩のような白いものや、海藻由来の色素で焦げ茶色をしたものまで色味も様々である。藻塩は何といっても磯の香りとうま味が特徴。これまではホンダワラ(玉藻)を使ったものが中心だったが、最近はヒジキやモズクなど各地で採れる海藻を使った「ご当地藻塩」も登場しており、バラエティー豊かで味わいも多様になっている。

藻塩の歴史は、日本の塩作りの起源に遡る。縄文時代の製塩土器が各地で発掘されているが、最初は土器に海水を入れ、火で煮詰めていたようだ。小さな土器で海水を結晶させても、とれる塩の量は少ない。そこで海水の塩分濃度を濃くして煮詰める新たな手法が登場。「藻塩焼き」と呼ばれる方式で、海水の塩分濃度を高めるのに利用されたのが海藻だった。

「藻塩焼き」は日本で独自に発達した製塩方法。その理由は定かではないが、海藻を食用として利用する日本人独自の生活感などに由来するのでは、と推測されている。医師、奥田昌子氏の著書「欧米人とはこんなに違った日本人の『体質』」によれば、アサクサノリに関する研究データから、日本人にだけ海藻に含まれる食物繊維を分解できる特殊な腸内細菌が存在することが明らかになったそうだ。藻塩は海藻そのものを食べるわけではないが、海藻を食べ物として捉えていたから、藻塩焼きという製塩方法を考えついたとも推測できないだろうか。

藻塩づくりは地域によっても多少の違いはあるが、「海藻灰浸漬法」と「海藻浸漬法」の2種類に大別される。両者の違いは海藻を焼き、その灰を海水に浸すか、焼かずに浸すかという点にある。藻塩は今や海藻エキスを添加したものなども含まれるようになっているが、昔ながらの製法による藻塩がほしいという方は、パッケージの裏面に「工程:浸漬、平釜」と書かれたものを選ぶようにするといいだろう。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド