予約なしでって!? 日本人が勘違いするreserveの意味デイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(77)reserve

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は「予約する」という意味のreserveを使った表現をご紹介したいと思います。

◇  ◇  ◇

新規のプロモーションを担当しているユウカのチーム。準備も佳境に入り、全員毎日忙しくしています。上司のマイケルが準備中のユウカとスティーブに声をかけてきました。チーム全員の忙しそうな様子を見たマイケルは2人にある提案をするのですが、途中から会話がチグハグに……。

それはこんな会話でした。

Michael: Are you progressing with the next promotion plan?
Yuka: Yes, everything is going well.
Steve: We should be able to submit the proposal sometime this week.
Michael: Do you have enough people?
Steve: I think we have just enough people on the team to get things done.
Michael: If you don't have enough people, it's okay to borrow from other teams.
Steve: Yeah, but everyone seems busy.
Michael: They are, but this project takes priority right now. What do you think, Yuka? Please tell me your opinion without reserve.
Yuka: You can talk to me any time! You don't need any reservations.
Michael: Ah, okay. Do you have any requests?
Yuka: No, not really...
Michael: OK! Well, let me know if you need to talk about anything.
Yuka/Steve: Thanks.

日本語に置き換えてみると次のようになります。

マイケル:次のプロモーションの企画は進んでいる?
ユウカ:はい、順調です。
スティーブ:今週中には、企画書を提出できると思います。
マイケル:人手は足りてる?
スティーブ:ギリギリチームでなんとかやっています。
マイケル:もし足りなければ他チームから応援を頼めるよ。
スティーブ:でも他チームも忙しそうですよね。
マイケル:このプロジェクトはとても優先順位が高いものだから。ユウカはどう思う? 遠慮しないで意見をいってみて。
ユウカ:私はいつでも話せますよ。予約なんていらないです。
マイケル:わかったけど、今のところ、何か希望はないのかな?
ユウカ:いえ、今は特に……。
マイケル:OK! 何かあったらいつでも相談に乗るよ。
ユウカ/スティーブ:ありがとうございます。

上記の会話は、ユウカとスティーブと2人の上司であるマイケルの会話です。プロモーションの準備をしていを2人に、進捗状況を尋ねたのですが、とても忙しそうな様子。気遣って、人手が足りているかを確認したところ、ギリギリでやっているとのスティーブの返事。それを受けて、本当に大丈夫かをユウカにも聞いたのですが、ユウカは勘違いしてしまいます。マイケルのかけた言葉とは……?