ピカソにダメ出し? ビリギャルが出会ったアート思考アートから学ぶ(後編)

ビリギャルこと小林さやかさん
ビリギャルこと小林さやかさん
ギャルの女子高生が慶応大に合格するまでを描いた「ビリギャル」のモデルになった小林さやかさんが、様々な分野の専門家に率直な疑問をぶつけます。前回に引き続き、アート編。大学院生になったビリギャルが、あなたにかわって勉強してきます。

私はアートが理解できない人なんだと思ってたけど、前回、美術教師の末永幸歩さんの話を聞いて、そもそも正解がないものだから、それでいいんだって言ってもらえて、すごく楽になった。正解のないことを自分なりに考えることを末永さんは授業を通して教えていて、それがどうやら「アート思考」というものらしい。子どもたちにどんな効果があるのかな? アート思考について、もう少し深く聞いたよ。

――アートを通して自分なりに考えることって、最近教育現場で大事だと言われている、「0から1を生み出す力」「知識を創造する力」とかとリンクするのかなって思った。その力を育むためのハウツーがアート思考かなって。

「私もそう思っています。私がやっている授業って、何か突拍子もないことをやっているのではなくて、それこそ本当に文部科学省が言っていることをやっていると思っているんですね。学習指導要領の総則を見てみると、探究型の学習とか、主体的な学び、生きる力が必要だと書いているじゃないですか」

――まさに新学習指導要領に何度も出てくる「主体的・対話的で深い学び」を引き出しているわけですね。もはや「美術」って言わないほうがいいのかも。

「そうですね。私の中ではもともと、『ものの見方が変わるアートの教室』と呼んでいました。もう少し言うと、自分なりの見方で物事を捉えて、自分なりの答えを出してみること、ですね」

――大人の社会でも、思考の枠を外していろいろなものの見方ができるようにならないとダメだって言われていて、だからデザイン思考やアート思考が注目されていますよね。

「デザイン思考とアート思考って似ているような名前ですけど、私は両者は少し違うなと思っています。デザイン思考の場合、何か課題が設定されている。あるいは、なくても自分で設定する。それを解決するために進んでいくのが、デザイン思考だと思います。他人や自分の外側が起点です。アート思考は自分起点で、自分の内側の疑問などからスタートして、探求していくものです。だからその成果やアウトプットは、副次的なものです」

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
表層的なテクニックだけでいいの?
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束