フレンチトースト、茶漬けも宅配 ゴーストレストラン

「高級フレンチトースト専門店どんだけ自己中」のフレンチトースト
「高級フレンチトースト専門店どんだけ自己中」のフレンチトースト

コロナ禍でテーアウトやデリバリーが盛況だが、新たなフードビジネスとして近ごろ注目されているのが客席のないデリバリー専門の「ゴーストレストラン」だ。デリバリー専門業態はこれまでにもあったが、キッチンを自前で持たず、他店のキッチンを間借りしたり、ゴーストレストラン向けのシェアキッチンなどが使われたりする。実店舗を構えている飲食店がその店のキッチンやスタッフを使って、別の屋号のゴーストレストランを並行で運営するケースもある。固有の電話番号もないので、注文はUber Eatsや出前館といったデリバリーサービス経由で受け付ける。まさにレストランの実態が見えない幽霊のような存在だ。

出店費用が低く抑えられるので、腕に自信のある若いシェフでも比較的容易に自分の「店」が持てる。また、多くの客の支持を得るかどうかまだ分からない珍しい料理ジャンルの「店」も出せる。Uber Eatsや出前館のレストラン一覧に見慣れない料理の専門店を見つけたら、それはゴーストレストランかもしれない。

なお、幽霊のような店となると衛生管理が気になるところだが、「登録には飲食店営業許可証の提示が必要です」(Uber Japan 広報担当)に加え、「借り物の飲食店営業許可証でないことを確認するため、許可証に記載された責任者名の振り込み口座であることを求めている」(出前館コミュニケーショングループの小宮栞穂里さん)とのことで、このような対策をしている宅配ビジネスの掲載店であれば問題ないだろう。また、出前館では東京都江東区にクラウドキッチンと出前館のデリバリー拠点併設型の旗艦店をオープンする準備を進めている。クラウドキッチンは同社が飲食店営業許可証を取得するので、資金が足りず無許可のゴーストレストランに走ってしまいそうな出店希望者も支援できる仕組みだ。

「高級フレンチトースト メープルシロップ」(税込み1200円)

2020年5月、東京・渋谷と荻窪にオープンした「高級フレンチトースト専門店どんだけ自己中」は、人気店の食パンをフレンチトーストで楽しめるゴーストレストランだ。フレンチトーストは自宅でも作るものだが、おしゃれなカフェメニューの定番のフレンチトーストとなれば、それは全くの別モノ。同店のおしゃれなフレンチトーストをまねして作ろうとしても、到底できまい。それが自宅に届くのである。

メニューはトッピング違いで6種ある。一番人気は定番のメープルシロップと合わせた「高級フレンチトースト メープルシロップ」で、2番人気はボリューム感のある「高級フレンチトースト チョコバナナ」だ。配送時はつぶれないよう箱に入れられ、ソースは別添えで届く。

これも宅配!「高級フレンチトースト チョコバナナ」(税込み1450円)

驚くのがその厚さ。フレンチトーストに使っている食パンは非常に水分が多くて軟らかく、2センチ程度で調理するとへこんでしまうため、厚さ4~5センチにカットしている。一般的なフレンチトーストの約1.5倍量の牛乳を使った専用のアパレイユ(フレンチトースト用の液)に12時間漬け込んでおり、とろとろ・ふわふわ・もちもちの食感を楽しめる。

同店は都内に飲食店8店舗を展開するリディファインダイニングが運営しており、調理場所には同社の居酒屋のキッチンを活用している。なお、人気の食パン店も同社の運営だ。

「以前から居酒屋のメニューにも人気の高級食パンを使っていました。その中で『本日のおすすめ』として出していたフレンチトーストの評判がよく、デリバリー専門店として販売してはどうかと考えました」と執行役員の登神達朗さんは説明する。

ゴーストレストランは、同社が運営するほかのブランドの実店舗をPRするツールとして位置づけているそうで、デリバリー配送時に「居酒屋の『もつ吉』がやっているフレンチトースト専門店」である内容のチラシを同封し、居酒屋への来客が増えることも狙っているそうだ。居酒屋業態を運営しながら並行してゴーストレストランの調理にも対応するので、あえて1店舗当たり1日20食程度に限定しているという。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド