小西真奈美 仕事場で愛用、友達からもらったストール

女優、音楽活動とマルチに活躍する小西真奈美さん
女優、音楽活動とマルチに活躍する小西真奈美さん

ドラマや映画、舞台と役者として幅広く活躍する、小西真奈美さん。4年ほど前からは、その柔らかで清らかなたたずまいとピュアでやさしい声を生かして音楽活動もスタート。2年前には全てのオリジナル楽曲で作詞作曲を手がけたアルバムをリリースするなどクリエイティブな才能を発揮している。着実にキャリアを充実させている小西さんの傍らには、いつもエルメスのピンクのストールがあるという。

「このストールは友達から、15年以上前に贈られたものです。夏場のスタジオなどでクーラーが強すぎるときに羽織ることも。柔らかな肌触りにいつも癒やされています。仕事場に持って行くため使用頻度はかなり高いのですが、優しい発色も風合いも損なわれない。上質なモノって、きちんと手入れをすれば一生ものなのだなと実感しています」

友人からプレゼントされたというエルメスのストール。「固い椅子のときには、座布団代わりにも使わせてもらっています(笑)」

「贈ってくれた友達とは10代からの付き合い。『お互いに仕事を頑張っていこうね』と励ましあった仲です。その後、彼女は結婚。パートナーの仕事の関係で、いろんな国に住んでいますが、私との関係は変わらぬままです。今はコロナで難しいですが、お互いがどこにいても定期的に旅行もしていて。『アンコールワットが見たいから、カンボジアで集合ね』とか、『今度はメルボルン(豪)で落ち合おう』など、現地集合が基本。なので、あまり離れている感覚がないのかもしれません。

もうずいぶん前なので、彼女がなぜストールを贈ってくれたのか実は覚えてなくて……。女性同士って、記念日じゃなくてもモノを贈り合うことが結構ありますよね。私服にピンクが多い私を思って、ストールもこの色にしてくれたんだろうなと想像できるし、会わない時間もそうやって友情を感じられることが何よりもうれしくて。このストールがそばにあると友達から励まされているような気持ちになるし、頑張ろうと思える。目の前の仕事に対して丁寧に向きあえる気がして、いつも持ち歩くようにしています」

友人とのことを思い出しながら取材に応じる小西さん。「たしか、当時彼女が住んでいたオーストラリアから『応援しているよ』というメッセージとともに送られてきたような」
MONO TRENDY連載記事一覧