バルミューダ・ザ・クリーナー 浮いた感じのかけ心地今回の目利き 神原サリー氏

扇風機やオーブントースターなどの価値を再定義してきたバルミューダが、白物家電市場の中でも激戦区の掃除機市場に参入した。11月17日に発売されたばかりの「バルミューダ・ザ・クリーナー」だ。価格は5万4000円(税別)。

「バルミューダ・ザ・クリーナー」

扇風機では、DCモーターの採用や羽根の形状の見直しで自然風を再現し、トースターでは、スチームと繊細な温度管理でパンをおいしく焼くことに特化。それまでの市場価格の10倍という高価格ながら、多くのファンを獲得し、大手メーカーも追随してきた。そんな同社が約2年の開発期間を経て生み出したのは、浮いているかのようなかけ心地と自由自在に動くヘッドによる操作性が特徴的な、ほうきのようなスティッククリーナーだ。

それぞれ内側に回転する2つのブラシと360度のスワイプ構造からなる「ホバーテクノロジー」の発想の源は、水面や地面に向けて空気を高圧で噴出し、浮揚して進む乗り物から来ているという。低重心設計で持ち方を選ばない棒状のハンドルと左右にも動くヘッドで、竹ぼうきを持って庭掃除しているかのごとくに、左右に振りながら後ろに進んで掃除をするという新しい(しかしどこか懐かしい)掃除体験が可能になっている。

神原サリー氏

本体は約3.1キログラムと重いのだが、掃除を始めると負荷を感じさせないことに驚く。大きめのヘッドで広い床もきれいになり、縦方向にも操作ができるため、狭いすき間にもスムーズに入り込める。操作ボタンがスティックの上面にあるだけというシンプルさもバルミューダらしい。難を言うなら、持ち上げながら掃除をしなければならない階段には不向きということか。

スティッククリーナー市場は重さ1.5キログラムを切る軽量化が主流となり、各メーカーはパワーやバッテリーの持ちなどを競っている。これまでと全く異なる掃除スタイルの提案という商品開発は業界に一石を投じたといえるだろう。ただ残念なのは別パーツが必要で、組み立て直しが面倒なハンディーにもなる仕様にしたことだ。ここまで潔い設計にしたのなら、次なる掃除機として、単体での斬新なハンディーを誕生させてほしかったと思う。

(家電+ライフスタイルプロデューサー)

[日経産業新聞2020年11月26日付]

MONO TRENDY連載記事一覧