はっ水・反発・反射で快適ラン ナイキの新作シューズ特集 人気3メーカーの最新ランニングシューズ(上)

2020年は、新型コロナウイルス禍によるテレワークや外出自粛などにより、運動不足解消の必要性を感じた人が多いだろう。帰宅時や自宅周辺でのウオーキングやランニングに適した最新ランニングシューズを、ナイキ、アディダス、ニューバランスから紹介する。第1回はナイキの注目モデル3商品だ。

全天候型アッパー「ナイキ シールド」

はっ水性に優れた「ナイキ シールド」をアッパーに採用

20年秋冬のランニングシューズにおいて、ナイキが特に打ち出している機能が、全天候型のアッパー(靴の甲の部分)を備える「ナイキ シールド」だ。ナイキ独自の表面はっ水加工素材をアッパーに採用し、雨天時も靴内をドライな状態に保つ。また、反射素材を用いており、夜間でも安全にランニングを楽しめるという。

同社はナイキ シールドを搭載したシューズとアパレルを「シールドコレクション」として11年からスタート。定番のランニングシューズやウエアをシールド仕様として展開しており、機能性に加えファッション性も高く、ランニングシーンだけでなく普段使いできる点が人気となっている。

今回は、このナイキ シールドを搭載したランニングシューズを3商品紹介する。ランナーを雨や寒さなどの悪天候から守り、ドライで暖かく、リフレクター搭載で暗くても視認性の高いナイキ シールド搭載シューズが、冬のランニングを快適にしてくれるだろう。

次のページ
毎日のランニングに最適な1足
MONO TRENDY連載記事一覧