MEN’S EX

2020/12/1

「タートルニットIN」ならよりエレガントに

ジャケット6万9000円/ラルディーニ(ストラスブルゴ) ニット2万4000円/スローン(スローン) パンツ3万3000円/セラードア(アントリム)

《DECEMBER》ブラックでキリリと引き締めてもよし

冬本番に入ってきたら、タートルネックのニットで首元までカバーすれば防寒力もアップ。印象もよりドレッシーでエレガントなものになる。差し色を使わずシックにスタイリングしたいなら、ブラックニットでシャープに引き締めるのがおすすめ。昨今人気のフレンチテイストも漂う組み合わせだ。ただし、これでボトムスもベーシックなグレー無地だと少々寂しく見えてしまうため、パンツでアクセントを効かせたい。ここではベージュのオーバーペーンが走るグレンチェックのパンツを合わせてメリハリを効かせた。

着回したのはコレ!

LARDINI(ラルディーニ)

クリーンな編み目と適度なハリコシが特徴的なミラノリブのウールニットを採用。ラペルのロールや肩周りの立体感はニットとは思えないほどで、テーラードの雄ラルディーニの手腕を窺わせる出来ばえ。6万9000円(ストラスブルゴ)

※表示価格は税抜きです。

撮影=黒沼 論(aosora)〈人物〉、若林武志〈静物〉、岡田ナツ子〈取材〉 スタイリング=四方章敬 ヘアメイク=馬場拓也(SEPT) 撮影協力=バックグラウンズ ファクトリー、EASE

MEN'S EX

[MEN’S EX 2020年11月号の記事を再構成]

SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE