冬の感染症対策 カギは喉の保湿・保温と腸内環境

風邪やインフルエンザが流行しやすい冬に気をつけるべき点は?(写真はイメージ=PIXTA)
風邪やインフルエンザが流行しやすい冬に気をつけるべき点は?(写真はイメージ=PIXTA)

空気が乾燥し、気温も低くなる季節に流行するインフルエンザなどの感染症。これらに対する守りを固めるには、どのような点に留意すればいいのか。日常生活上の注意点や、病原体から身を守る最初のとりでとなる粘膜免疫を高めるための対策を探った。

「乾燥」「低温」で粘膜の防御力が弱まる

冬場は風邪やインフルエンザといった感染症の流行期。今年は新型コロナウイルスも猛威をふるい続けている。

「空気の乾燥と低温という環境要因は、上気道で病原体のバリアとなる粘膜の免疫能低下につながる」と、国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センターの長谷川秀樹センター長は話す。

口や鼻から入って喉を通過する空気には、感染症の元となるウイルスや細菌などの病原体(異物)が含まれる。これらはまず気道などの粘膜に侵入して感染を引き起こすが、それを粘膜表面でブロックするのが、粘膜を覆う粘液層と線毛だ(下のイラスト)。異物は粘液でとらえられ、その中にある線毛がこれを押し出す。そして、喉からたんなどとして吐き出されたり、胃で消化されたり、便中に排出される。

ところが、空気の乾燥が口腔(こうくう)内まで及ぶと、粘液量が減り、線毛の働きも悪くなる。気温20度・湿度10~20%、もしくは同気温・湿度50%の環境でマウスを育て、インフルエンザウイルスに感染させると、湿度50%の環境では線毛機能が正常だったが、湿度10%環境では、線毛が異物を運び出す働きが低下し、気道上皮細胞の組織修復機能まで損なわれ、インフルエンザにかかりやすくなっていた[1]

「空気が乾燥し、鼻腔(びくう)や咽頭が乾くと、病原体と戦うために粘膜下から粘液中に分泌されるIgA(免疫グロブリンA)という抗体、インターフェロンやディフェンシンといった病原体に結合して不活性化や排除を図る抗菌・抗ウイルス物質の機能が低下する。そもそもこれらは粘液層のなかで働く性質を持っているため、乾燥状態では正常に働けなくなるから。低温も同様にこれらの生体防御機能を落とす」(長谷川センター長)。

風邪やインフルエンザといった上気道感染症はせきやくしゃみによって飛び散った飛沫を吸い込むことによる感染(飛沫感染)が主因の一つ。「空気が乾燥すると、ウイルスを含んだ飛沫が空気中に留まりやすくなる。粘膜の乾燥や低温環境、飛沫の拡散など、複合的要因によって冬には感染症の罹患(りかん)リスクが高まる」(長谷川センター長)

<乾燥すると線毛の排出機能が低下する>

[1]Proc Natl Acad Sci U S A. 2019 May 28;116(22):10905-10910.

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
離れた場所で共同作業、「上気道」と「腸」の粘膜免疫