マンション購入 公式サイトでもわかる「危ない」物件榊淳司 後悔しない住まい選び(2)

コロナ禍でも「マンションを買いたい」と考えている人は一定数いるようです。私のところに寄せられる購入相談の件数も、それなりの数に達しています。そういう人々にとって「家がほしい」というモチベーションは、コロナ禍でも衰えないのでしょう。今回は、買ってしまうと数年後に悔やみそうな危ない物件の見分け方をいくつか紹介します。

公式サイトのトップは売り主の「売り」

新築マンションの購入を検討する場合、多くの人はまず、不動産情報サイト「SUUMO(スーモ)」や「LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)」、ヤフーの不動産サービス「ヤフー不動産」などのポータルサイトで物件を探します。私の経験上、スーモが最も多くの物件を網羅しています。

半面、スーモはかなり情報が見にくいのが特徴です。そこで、お勧めは各物件のページの下部までスクロールし、小さな字で表示されている「物件公式ホームページトップへ」をクリックします。そうすれば、その物件の公式サイトに飛ぶことができます。

公式サイトをチェックすること自体、かなりお勧めです。その理由は売り主の考えが読み取れるからです。トップページには売り主が最もアピールしたい内容が出ています。それが、そのマンションの場所なのか、モノ(マンション自体)なのかが分かります。

価格示さず 割高な可能性

トップページで場所やモノをアピールしていない場合、頭の中に「危険信号」をともしてください。場所もモノも言えないから、タレントを出したり、何か意味不明のワードを並べたりするケースが多いからです。そういう物件は要注意です。

トップページに長々とした動画がある物件も注意です。売り主の担当者が合理的に物事を考えていない可能性が高いからです。そういう担当者は、しばしば不合理としか思えない設計を採用したり、管理規約に理解しがたい条項を盛り込んだりすることがあります。

注目記事
次のページ
メリットだけ表示しているサイトも